寒川版 掲載号:2018年9月21日号 エリアトップへ

新ラベルで梨ジャム発売 2年ぶりに原料確保

経済

掲載号:2018年9月21日号

  • LINE
  • hatena
外観が一新された梨ジャム
外観が一新された梨ジャム

 寒川町特産品の『梨のジャム』が発売された。生産者の減少などから、昨年は原料が確保できず製造が見送られたが、今年はラベルデザインを一新して2年ぶりの「復帰」。それでも最低限の個数しか確保できず、恒例となっていた給食での提供は行われないことになった。小ロットの製造では単価が高くなるため、販売数に影響する。今後も連続して発売されるかは微妙なため、希少性が高まりそうだ。

 『梨のジャム』は寒川産の梨をふんだんに使用し、梨の芳醇な香りと爽やかな甘さ、シャキシャキとした食感が楽しめる。

 「町内の生産農家のご協力を得て収穫された梨を使っています。地元の味をご堪能下さい」と寒川商業協同組合の杉山喜久雄理事長は話している。加工は愛知県のジャムメーカー。すいせんカード加盟店などで発売中。問合せは【電話】0467・75・0185へ。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

寒川版のトップニュース最新6

海外からも依頼

寒川町在住Tomoさん

海外からも依頼 文化

5月2日のイベントで似顔絵も

4月30日号

倉見駅近くまで完成

自転車道

倉見駅近くまで完成 スポーツ

2025年度までに一之宮へ

4月30日号

5月8日(土)天才万博

1万平方メートルの天然芝に整備

1万平方メートルの天然芝に整備 スポーツ

川とのふれあい公園内

4月16日号

気候非常事態宣言

寒川と茅ヶ崎

気候非常事態宣言 社会

風水害にも関連

4月16日号

七夕まつり通常開催中止

七夕まつり通常開催中止 文化

規模縮小し代替案検討へ

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter