寒川版 掲載号:2018年9月21日号 エリアトップへ

相田勇司選手が日本一 寒川柔友会出身

スポーツ

掲載号:2018年9月21日号

  • LINE
  • hatena
寒川柔友会の練習場で取材に応じる相田選手
寒川柔友会の練習場で取材に応じる相田選手

 寒川柔友会出身の相田勇司選手(国学院大1年)が、9月8日に埼玉県で行われた全日本ジュニア柔道体重別選手権66kg級で優勝した。20歳以下の選手が体重別で日本一を競い合う大会で、相田選手は初出場で優勝という快挙を達成した。

 相田選手は「素直に嬉しい。小さいころから目指していた日本一になれた。あまり優勝を意識せず一つずつ全力で戦ったのがよかった」と喜びを語る。「大学に入って質の高い練習を積めた。強い選手との練習が自分を高めてくれた」と冷静に分析する。

 相田選手は小学校時代に寒川柔友会に所属し、三谷健代表の薫陶を受けてきた。「三谷先生に教わったことが、この大会に活かせた。感謝しかない」と話す。三谷代表も「とても魅力的な選手。世界でも勝ってくれるはず」と手放しで称えた。

 今後は10月17日(水)からバハマで行われる世界大会に日本代表として出場する。「初めての海外での試合。国外の選手との対戦経験もない。そこはしっかりと対策して臨むつもりです」と表情を引き締める。この大会をステップに大きく飛躍することを誓った。

 また、全日本ジュニアには同会出身の三谷桜選手も出場し、63kg級でベスト8入りを果たした。三谷選手は帝京高校の2年生で、相田選手と同じく小学校時代に同会に所属していた。三谷代表の息女。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

寒川版のトップニュース最新6

海外からも依頼

寒川町在住Tomoさん

海外からも依頼 文化

5月2日のイベントで似顔絵も

4月30日号

倉見駅近くまで完成

自転車道

倉見駅近くまで完成 スポーツ

2025年度までに一之宮へ

4月30日号

5月8日(土)天才万博

1万平方メートルの天然芝に整備

1万平方メートルの天然芝に整備 スポーツ

川とのふれあい公園内

4月16日号

気候非常事態宣言

寒川と茅ヶ崎

気候非常事態宣言 社会

風水害にも関連

4月16日号

七夕まつり通常開催中止

七夕まつり通常開催中止 文化

規模縮小し代替案検討へ

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter