寒川版 掲載号:2018年10月19日号 エリアトップへ

(PR)

もっと知りたい!『湘南こども園』【4】(最終回) 『国際人』育む3つのこと 国際感覚・理科教育・日本の伝統文化

掲載号:2018年10月19日号

  • LINE
  • hatena
国旗と歯のイラストに興味津々
国旗と歯のイラストに興味津々

 寒川町初の認定こども園「湘南こども園」の全国に先駆けた取り組みを紹介する連載。最終回の今回は、世界で活躍できる『国際人』を育成するための3つの特別保育を紹介する。

 『園児はわが子』をモットーとし、将来も考えた教育を行う湘南こども園。国際化が進む現代を生き抜ける『国際人』を目指し、【1】国際感覚【2】科学への興味【3】伝統文化の3つを養う特別保育を行っている。

国際感覚

 年長を対象に行う「世界を知る」。異なる文化の国を紙芝居や実際の交流などで学ぶものだ。

 先日は福祉・医療が発達するスウェーデンを扱った。80歳で日本の倍近い平均約20本も歯が残る予防医学先進国だと解説(=写真)。福祉の充実にも触れ、「福祉は『皆の幸せ』ということ」と説明すると園児は頷いていた。

理科教育

 理科教育には林正幸理事長の積年の思いがある。林理事長は日立の研究者として日本の「ものづくり」を牽引してきたことから、理系人口の減少を危惧。幼少期の教育の必要性を感じ、国内外4500人の子供に理科教室を開催している。

 同園でも、年長を対象に、電気や磁石など日常生活に関わる現象を実験で学ぶ。「幼児期から実験をして考えると、客観的思考力がぐんと伸びる。それは将来理系に進まなくても、社会を支える人になるための貴重な判断能力」と林理事長は話す。

日本の伝統文化

 同園では、茶道、書道、そろばん、かるたなど、外部講師を招いて日本文化を学ぶ保育も実施。どれも集中力を必要とするもので、文化に親しむとともに、精神を鍛えることを目的としている。

学校法人正栄学園 湘南こども園

神奈川県高座郡寒川町大曲1-1-6

TEL:0467-84-9229

http://www.shounankodomoen.jp/

寒川版のピックアップ(PR)最新6

決算期を迎えた法人向け説明会

藤沢法人会だより

決算期を迎えた法人向け説明会

5月14日号

専門家がトラブル回避を伝授

土地の境界「実は大切」

専門家がトラブル回避を伝授

セミナー&相談会24日に

5月14日号

税務署での相談電話予約を

確定申告 藤沢法人会だより

税務署での相談電話予約を

4月30日号

工場オーナーら関心

工場オーナーら関心

「システム建築」見学会で

4月30日号

「包丁 研ぎ直します」

「包丁 研ぎ直します」

築地の技を藤沢遠藤で 研ぎ処清治郎

4月16日号

工場建築「システム構法」の利点

施主に聞く

工場建築「システム構法」の利点

(株)門倉組新ブランド「ワイズ」

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter