寒川版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

生えてる夜の観葉植物

文化

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena

 6月の美術協会作品展に出品された陶芸作品に、光が入った。海の生き物のようなオブジェは、同協会の小林正光さん(72・宮山)が作ったランプシェードで、内側は空洞になっている。

 小林さんは元自動車関連のデザイナーで、定年前から趣味で陶芸を続けていた。「世の中にないものを」と模索し続けた形は、いつしか穴だらけの突起に行き着いたという。「今後はもっと尖がったものを作りたい」と語っていた。

寒川版のローカルニュース最新6

今年も上出来

午後は紅茶で実験

午後は紅茶で実験 文化

倉見のキリンビバレッジ工場

8月9日号

県警チーム14連覇

全日本実業団ベンチプレス

県警チーム14連覇 スポーツ

8月9日号

嬉しい悲鳴も

長かった梅雨…

嬉しい悲鳴も 社会

8月9日号

吉田茂が愛飲地酒を再現

点訳体験

初めての

点訳体験 社会

8月9日号

さむかわ夏祭り

8月11日(日) 寒川駅前公園で踊ろう

さむかわ夏祭り 文化

8月9日号

あっとほーむデスク

  • 8月9日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月9日号

お問い合わせ

外部リンク