寒川版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

最高峰でふり絞る スポーツマインド寒川の2選手

スポーツ

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena
サイドチェストのポーズをとる高木選手
サイドチェストのポーズをとる高木選手

 10月14日に港区で開催された第65回男子日本ボディビル選手権と第37回女子日本フィジーク選手権。スター選手の競演にスポーツマインド寒川(田端)の高木昇選手(49)と栗原智美選手(51)が加わった。

10年以上ぶつかる難関

 舞台にずらりと並ぶ選手は、全員がダビデ像のよう。2人とも規定のポーズに力を振り絞ると血管などの線が浮き出た。体や指を震わせながらも、どこか表情は穏やか。客席からは感極まったように「最高だ」「でかい」「お母さん」などの叫びが飛び交う。全日本出場は栗原さんが4回、高木さんは10回以上の出場を果たすベテランだが、一次審査から厳しい事でも知られ、予選通過の経験はない。今回も77人から決勝の24人にしぼられ、悲願はかなわなかった。

 会社員の高木さんは18歳でジムに入門。アーノルド・シュワルツェネッガーにあこがれ、30年鍛え続けたが、上位選手を抜く事は難しく最近は若手も台頭する。栗原選手のきっかけはダイエット。家事や子育てと肉体鍛錬を両立してきた。

 ボディビルは徹底した食事管理に、減量もある。2人とも20代の頃は食欲に悩まされたが「薄れている」という。原動力は「努力が目に見える」「確実に少しずつ変っている」手ごたえ。挑戦の意欲は膨らみつつある。

全身に筋が通る栗原さん
全身に筋が通る栗原さん

寒川版のトップニュース最新6

小谷小が40周年

小谷小が40周年 教育

農業体験など伝統受け継ぐ

2月21日号

空からノイズで避難誘導

空からノイズで避難誘導 社会

寒川で「世界初」の実験

2月21日号

「紙幣メモ」1000束贈る

「紙幣メモ」1000束贈る 文化

宇野製作所から寒川町へ

2月7日号

十進王国キャラ高評価

十進王国キャラ高評価 文化

図書館職員考案 県外からオファーも

2月7日号

2カ所に照明付き案内

広域避難所

2カ所に照明付き案内 社会

広告収入でメンテナンス

1月24日号

公民館や学校など再編案

公民館や学校など再編案 社会

今月18日から町民説明会

1月10日号

438人が門出

438人が門出 文化

13日に町民センターで成人式

1月10日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク