寒川版 掲載号:2020年4月17日号 エリアトップへ

かつてない五輪になる 寒川出身・福岡選手に聞く

スポーツ

掲載号:2020年4月17日号

  • LINE
  • hatena

 延期が決まった東京五輪。出場をかけて戦ってきたアスリートたちはいま、外出自粛で練習場所も限られた状況が続いている。寒川町出身で、トライアスロン種目での出場を目指す福岡啓選手(25歳・横浜こどもスポーツ基金所属)に、近況や五輪への思いを聞いた。

 福岡さんは旭小、旭が丘中の卒業生。幼い頃から水泳に打ち込み、大学からトライアスロンの道に入った。数々の国際大会に出場し、昨年は日本選手権で3位に入賞。現在日本ランキング4位で、五輪出場枠(女子2人)を目指している。大会の順位が選考に影響する重要な今シーズンは拠点をオーストラリアに構えて大会に備えていた。

 しかし今年2月、自転車の練習中に50人を超える大集団の中で転倒し選手たちの下敷きになった。搬送されながら思ったのは「何をやってるんだろう」。目の前は競技生活の分かれ道と覚悟して汗を流していた。4年に一度のチャンスを目前にして、毎日悔し涙が止まらなかったという。

 「この経験は意味があるかもしれない、将来同じような状況になった人に、何かアドバイスができるかも」。何とか気持ちを切り替えたが、それもつかの間、新型コロナの影響で現地が外出禁止となる事が分かり、少しでも活動しやすい環境を求めて帰国を決意した。

 帰国後も傷がふさがらず、思うように練習はできない。同時期に大会が軒並み中止となったが、すべてをプラスに受け止められず、心境は複雑だ。「海外には日本より厳しい外出禁止で練習できない選手がいます。来年の五輪はもうスタートラインが違う」。

 今は体ではなく頭を使い、体の一つ一つの動きを客観的に見つめるイメージトレーニングが中心だ。「新型コロナで医療現場の方々が頑張っていると思うと、私も頑張らねば。目標が見えなくても」。1年後の五輪はかつて思い描いていたものから変容している。「ただ強さを競う五輪ではない、選手が互いを理解しリスペクトしあう五輪になるのではないか。そうであってほしい」
 

2月の練習中、時速52Kmのスピードで事故に遭い搬送。これから正念場という時だった(福岡さん提供)
2月の練習中、時速52Kmのスピードで事故に遭い搬送。これから正念場という時だった(福岡さん提供)
傷が癒えず思い通りに練習できないが、頭を駆使するようになった(今月2日・平塚市の海岸で)
傷が癒えず思い通りに練習できないが、頭を駆使するようになった(今月2日・平塚市の海岸で)

寒川版のトップニュース最新6

寒川から横浜へ出発

安楽寺の大日如来

寒川から横浜へ出発 文化

史上初、相模川流域の仏像が一堂に

9月25日号

商品券3日間で完売

商品券3日間で完売 経済

販売側も動向読めず

9月25日号

経済界の社交場、幕閉じる

経済界の社交場、幕閉じる 経済

さむかわ商工倶楽部

9月11日号

地元GIIIで1着

寒川町出身佐藤龍二選手

地元GIIIで1着 スポーツ

デビューの地で快挙

9月11日号

9月15日から発売

プレミアム付町独自の商品券

9月15日から発売 経済

3千円で5千円分買える

8月28日号

10消防団にボート配備

10消防団にボート配備 社会

車いすのまま搬送できる

8月28日号

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク