寒川版 掲載号:2020年7月24日号 エリアトップへ

いつかロボで梨を穫る 宮山の横溝さん「V字棚」に挑戦中

経済

掲載号:2020年7月24日号

  • LINE
  • hatena
若い木々が連なるV字棚 多くの実がなっている
若い木々が連なるV字棚 多くの実がなっている

 寒川の梨が収穫シーズンを迎えている。梨農園といえば、木が天井のように広がる「平棚」が知られるが、斬新な「V字」に挑戦している人が宮山にいる。県内で6軒の農家が実践する先進的な栽培法だ。

 横溝義則さん(88歳)は梨の栽培歴約50年のベテランだが、3年ほど前から「新しいことを始めたい」とV字棚に挑戦。この技術は13年ほど前に県農技術センター(平塚市)の職員が梅の栽培法として考案し、梨に応用する形で研究が続けられている。横溝さんは自分で鉄V字にパイプを組み、センターの指導を受けながら若木を育ててきた。「両腕を高く上げての作業が減り、本当に楽になった。腕って意外と重いんですよ」。すでに実が収穫でき、味も収穫量も平棚と変わらない。横溝さんの夢はロボット収穫だ。同センターが産官学の連携で開発しており、直線的なレイアウトを生かして収穫や農薬散布などを自動化するというもの。従来の労力を半減できる可能性もあり、2025年の実用化を目指している。

人の関節のように動くロボ産官学で研究が進んでいる=写真は農業技術センターの模型
人の関節のように動くロボ産官学で研究が進んでいる=写真は農業技術センターの模型

寒川版のトップニュース最新6

一之宮にも子ども食堂

一之宮にも子ども食堂 社会

「#ひろば」11月13日(土)に第1回目

10月15日号

寒川でパリ五輪目指す

寒川でパリ五輪目指す スポーツ

白井空良さん 大技披露

10月8日号

寒川にフードバンクを

コロナ禍でニーズ増

寒川にフードバンクを 社会

社協が準備進める

10月8日号

へし折られても続ける

へし折られても続ける 文化

おおぞう彼岸花の会

9月24日号

都内からの移住増

2020年寒川町

都内からの移住増 社会

コロナ影響か、転入・転出総数は減

9月24日号

寒川東、念願の関東出場

寒川東、念願の関東出場 スポーツ

廊下の卓球台で切磋琢磨

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月27日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook