寒川版 掲載号:2020年9月11日号 エリアトップへ

寒川から横浜の森へ通って20年 原田さん、森で制作中

文化

掲載号:2020年9月11日号

  • LINE
  • hatena
「森のイガイガ虫」を手に 背後が「再生」
「森のイガイガ虫」を手に 背後が「再生」

 小谷在住のアート作家・原田暁さん(63)が横浜市旭区の横浜動物の森公園内で樹を使った大型作品を作っている。

 「GROUP創造と森の声」のメンバーとして、20年ほど前から森に通い、年1回ほどのペースで作品を発表してきた。元々は木や草がうっそうと茂っていたが、仲間と間伐や小道作りを進め、人が散策できる里山に変えた。「ここはアトリエとは違う。自然と対話しながらその場所で何ができるのかを考えて創れるのがいい」。作品の材料は基本的に森の木々で、公開後は解体し、自然にかえす。制作中の大型作品「再生」は山桜の大木を使い、環境の変化とともに眠っていたものが芽生える様を形にするという。美術展は9月27日から開幕予定。アクセスなど詳細は同グループHP閲覧を。

寒川版のローカルニュース最新6

町民ゴルフ大会町長杯

町民ゴルフ大会町長杯 スポーツ

4月6日・参加者募集中

1月21日号

1週間で280人

寒川町と茅ヶ崎市のコロナ感染

1週間で280人 社会

1月21日号

だるまに目

コロナ禍よ去れ

だるまに目 文化

1月21日号

町内の交付率41%に

マイナンバーカード

町内の交付率41%に 社会

1月21日号

吾妻山 菜の花満開

世界の走りに注目

五輪出場の畠山さん走行

世界の走りに注目 スポーツ

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook