寒川版 掲載号:2020年9月11日号 エリアトップへ

経済界の社交場、幕閉じる さむかわ商工倶楽部

経済

掲載号:2020年9月11日号

  • LINE
  • hatena
運営委員長の菊地良夫さん(左)と森孝さん(右)、峯尾道子チーフ(中央)
運営委員長の菊地良夫さん(左)と森孝さん(右)、峯尾道子チーフ(中央)

 寒川駅北口のビルに「会員制につき」の扉がある。中には絵画が飾られ、マイボトル収納棚や商談にも使われた談話室、電話用のブースもあり格調高さが伺える。長年にわたり地元経済界の交流の場だった「さむかわ商工倶楽部」が、8月末をもって幕を閉じた。

 発足は平成元年。地元の企業経営者たちが町内に工場などを構える企業のグループに交流を働きかけたのがきっかけだ。「商工倶楽部」という場は、近隣自治体にも存在したが、すでに姿を消している。寒川では10人ほどの会員が運営委員会を組織し、30年以上にわたり受け継いできた。当初は60社ほどの会員が名を連ね、接待や交流で賑わい、「寒川の迎賓館」と呼ぶ人もいた。賀詞交換や月見会など季節の行事、町長を招いての質疑といった勉強会、当時地元経済界で懸案だった環境問題について解決策を語り合う風景も。時が経つにつれ会員が高齢化し、バブル崩壊やリーマンショックで会員企業も大きく揺さぶられたが、倶楽部は何とか存続。現場を切り盛りした峯尾道子さん(69)の料理も好評で、通う人は絶えなかった。

 しかし今年の新型コロナの影響は想像以上に団体予約のキャンセルが相次ぎ、4〜5月は2カ月にわたり休業。基本的に利益を上げない方針だったこともあり、やむなく閉店を決断したという。最終日の夜、初代委員長だった森孝さん(85)は「大企業の工場の面々と地元の中小経営者の交流も新鮮でしたね。地域のためにと思い運営してきました。コロナさえなければ」と名残を惜しんだ。

寒川版のトップニュース最新6

X Gamesで銅メダル

寒川在住白井空良さん

X Gamesで銅メダル スポーツ

スケボーで新技成功

5月13日号

「浜降祭」3年連続中止に

「浜降祭」3年連続中止に 文化

コロナの感染拡大を考慮

5月13日号

どまんなか祭り 復活

どまんなか祭り 復活 文化

7年ぶり、5月15日に開催

4月29日号

寒川駅東側に専用ポート

シェアサイクル

寒川駅東側に専用ポート 社会

21日から運用始まる

4月29日号

「地元でプレー楽しみ」

寒川町出身佐土原選手

「地元でプレー楽しみ」 スポーツ

20日 平塚で試合

4月15日号

ポストでブランド醸成

寒川町・日本郵政

ポストでブランド醸成 経済

「『高座』のこころ。」意匠に

4月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook