寒川版 掲載号:2021年2月5日号 エリアトップへ

寒川出身、B1でプレー 佐土原遼選手

スポーツ

掲載号:2021年2月5日号

  • LINE
  • hatena
身長192cm、強靭な身体で得点を狙う 
身長192cm、強靭な身体で得点を狙う 

地元っ子へ「Bリーグで会おう」

 寒川出身の佐土原遼選手(21・東海大)が、昨年末からプロバスケB1リーグ・広島ドラゴンフライズの一員として試合に出場している。

 昨年全日本大学選手権で優勝した東海大ではチームの主力として活躍し、優秀選手賞にも輝いていた。22歳以下を対象とした特別指定選手として同チームに加わり、国内最高峰の舞台へ。激しいぶつかり合いをものともせず得点に貢献している。今は「B1で勝つことの難しさも感じている」という。ドラゴンフライズは黒星が続いており、チーム全体の課題も見えてきた。

 佐土原選手は両親がバスケ経験者だったこともあり、旭ミニバスに入った。当時監督だった酒井明美さん(65)は「厳しい練習に戸惑いもあったはず。でも一生懸命でした。素直で、下級生の面倒も見ていた」と懐かしむ。当時の佐土原さんは酒井監督から「走るバスケ」を教わり、ひたすら駆ける日々だった。旭が丘中に入ってからは練習の大変さより面白さが上回った。地元っ子に向けてこうコメントしている。「バスケは楽しんだもの勝ち。沢山怒られたりするかもしれないけど、上手くなるためだと思って。寒川からB1リーグの選手が沢山出てほしい。Bリーグの舞台で会いましょう」

寒川版のトップニュース最新6

副反応、寒川の企業も備え

寒川東、念願の関東出場

寒川東、念願の関東出場 スポーツ

廊下の卓球台で切磋琢磨

9月10日号

木島医院で分娩終了

寒川唯一の出産施設

木島医院で分娩終了 社会

4千人の誕生に立ち会った院長

8月27日号

ワイン用8千平方メートル栽培目指す

ワイン用8千平方メートル栽培目指す 経済

小動・岡田の耕作放棄地

8月27日号

オール茅ヶ崎の特撮

オール茅ヶ崎の特撮 文化

『HE-LOW』 8月から撮影

8月6日号

茅ヶ崎のトルコナスかながわブランドに

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月27日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook