寒川版 掲載号:2021年7月9日号 エリアトップへ

相模線 幻の四之宮駅も 90年ほど前の案内図見つかる

文化

掲載号:2021年7月9日号

  • LINE
  • hatena

 相模線がまだ私鉄だった90年前の「沿線案内」が見つかった。(株)サンエーサンクス(倉見)に勤務する添田一信さんが実家を整理していた際に見つけた。戦前の風景をとどめる貴重な資料で、祖父の良信さん(故人)が入手したものと思われる。

 絵図はすでに全線開通した後の様子が描かれ、寒川駅から伸びた支線の先に「四宮」(四之宮駅)が読み取れる。寒川なのに「四之宮駅」なのは、当時この付近が平塚側の飛び地だったため。同様の案内図は100年前の開通(1921年)から5年後、7年後に発行されたものが現存しており、やはり四之宮駅が見て取れる。

砂利の出荷用

 当時は関東大震災の復旧などで砂利の需要が高く、この支線は相模川で掘った砂利の出荷が目的だった。四之宮駅は新明和工業(田端)の西側付近(土手のあたり)にあったらしい。終戦前に相模線が国有化された時に廃線となり、今は何の痕跡もない。この四之宮駅と寒川駅との中間には「東河原駅」が加わり、のちに「西寒川駅」等と改称されて80年代まで使われた。廃線後は八角広場として名残をとどめている。案内図を発見した添田さんは「長い積み重ねががあって今があることを改めて実感しました」。路線図が入っていた衣裳箱からは古いバス路線図や絵葉書類も見つかったという。

四之宮駅はこの付近にあった
四之宮駅はこの付近にあった

寒川版のトップニュース最新6

副反応、寒川の企業も備え

寒川東、念願の関東出場

寒川東、念願の関東出場 スポーツ

廊下の卓球台で切磋琢磨

9月10日号

木島医院で分娩終了

寒川唯一の出産施設

木島医院で分娩終了 社会

4千人の誕生に立ち会った院長

8月27日号

ワイン用8千平方メートル栽培目指す

ワイン用8千平方メートル栽培目指す 経済

小動・岡田の耕作放棄地

8月27日号

オール茅ヶ崎の特撮

オール茅ヶ崎の特撮 文化

『HE-LOW』 8月から撮影

8月6日号

茅ヶ崎のトルコナスかながわブランドに

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月27日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook