寒川版 掲載号:2021年8月27日号 エリアトップへ

寒川唯一の出産施設 木島医院で分娩終了 4千人の誕生に立ち会った院長

社会

掲載号:2021年8月27日号

  • LINE
  • hatena
分娩室の院長 ほぼ「24時間営業」の日々を送ってきた
分娩室の院長 ほぼ「24時間営業」の日々を送ってきた

外来診療や妊婦健診などは継続

 一之宮の木島医院が、7月末で分娩病棟を廃止した。寒川で唯一お産ができる医療機関として知られ、年間200人ほどの新生児(町外含む)が産声をあげた。外来診療や妊婦健診などは以前同様に行っている。

 町役場で出される出生届は年間300人ほど。妊婦がどの産院を選ぶのか統計はないが、今後は自宅出産を除きすべて町外のお産になる。

 「できれば続けたかったですね」。木島武俊院長(62)によると、少子化や新型コロナの影響などで出産の数が減っており、院長自身の体力面なども勘案して「廃止」を決めた。ただ分娩を受け継ぐ医師が現れれば再開の可能性もあるという。

院長で5代目

 木島医院のルーツは江戸時代までさかのぼり、院長の祖父は第二代寒川町長も務めた医師の木島鄰(たすく)氏。明治期に開院して以来多くの人がここで産声を上げた。

 院長の机には母子の写真を収めたアルバムが大切に並べられている。「24時間営業でした」と振り返り「出生証明書を書く事が、やりがいになっていたのかも」と話した。この医院で扱った分娩だけでも4千件にのぼり、患者が「ここで生まれた」というケースも珍しくないという。

寒川版のトップニュース最新6

「職域」拡げ約2500回

日産工機

「職域」拡げ約2500回 社会

町教職員や商議所事業者も受け入れ

10月22日号

一之宮にも子ども食堂

一之宮にも子ども食堂 社会

「#ひろば」11月13日(土)に第1回目

10月15日号

寒川でパリ五輪目指す

寒川でパリ五輪目指す スポーツ

白井空良さん 大技披露

10月8日号

寒川にフードバンクを

コロナ禍でニーズ増

寒川にフードバンクを コミュニティ社会

社協が準備進める

10月8日号

へし折られても続ける

へし折られても続ける 文化

おおぞう彼岸花の会

9月24日号

都内からの移住増

2020年寒川町

都内からの移住増 社会

コロナ影響か、転入・転出総数は減

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月27日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook