寒川版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

寒川と藤沢衆院選12区 3氏が出馬表明

政治

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena

 衆院選が10月19日公示、31日投開票で行われる。神奈川12区(寒川町・藤沢市)では、3氏が立候補を表明している。(12日起稿)

 立憲民主党の阿部知子氏(73)は7期目。前回2017年衆院選では初めて小選挙区を制した。

 党県連代表、小児科医でもあり、訴えたい政策については「感染症災害が多くの命を奪い、医療の崩壊が騒がれる中、検査、隔離、診断、治療の4原則を確立し、コロナ禍を乗り越える政治を実現したい」とコメント。環境、卒原発、子ども政策なども重要とした。

 自民党の星野剛士氏(58)は3期目。これまで経済産業大臣政務官などを歴任している。

 政策では、こども庁やデジタル庁の創設により「分かりやすい政治」を実現するとし、「経済対策や医療体制の充実を含めた新型コロナ対策を推進する」と表明。「誰ひとり取り残さない政策実現により、国民の生活と子どもたちの未来を守り抜く」と述べた。

 日本維新の会で元職の水戸将史氏(59)は参議院議員、衆議院議員をそれぞれ1期務め、昨年は藤沢市長選にも出馬。「人づくりは国創り」を掲げ、「誰もが学べる機会と環境を持てるよう、教育の無償化を実現する」と言及。藤沢市と寒川町を「人材特区」とし、産官学の連携を促し「学校作りや教員資格、指導者育成も独自の視点で進める」と強調した。

 寒川町選挙管理委員会によると、9月1日現在の有権者数は4万554人。前回衆院選(2017年)の投票率は47・47%だった。

1周年記念 特別大感謝セール

11月23日㈫~11月29日㈪まで全品10%オフ!

https://baniku.thebase.in/

<PR>

寒川版のローカルニュース最新6

北口名物点灯開始

事務手続講座

人生の最期に必要な

事務手続講座 社会

11月19日号

2回目接種率79%

14日まで

2回目接種率79% 社会

感染確認ゼロ続く

11月19日号

クリスマスコンサート

1授業に外国人指導者8人

旭が丘中で今月研究授業

1授業に外国人指導者8人 教育

11月19日号

12月5日(日)寄せ植え講座

あっとほーむデスク

  • 8月27日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook