神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
寒川版 公開:2021年11月5日 エリアトップへ

会社員が神輿建造

文化

公開:2021年11月5日

  • X
  • LINE
  • hatena
制作記録はホームページ「定年どっこい」検索を
制作記録はホームページ「定年どっこい」検索を

岡田の山崎さん 10年かけた力作

「100年残るものを作ろう」--岡田の会社員・山崎賢治さん(64)が10年かけて作り続けてきた神輿が完成し、この秋、菅谷神社でお払いを受け、関係者によって担がれた。

 大きさは一般的な神輿の半分ほどで、4面を埋め尽くす彫刻の数々や金箔仕上げなども山崎さんが一人で手掛けた。

 以前に仏師について2年学び彫像を作った経験はあったが、神輿づくりは独学だった。寺社建築の書籍を研究し、県内各地の祭りに足を運んで150基以上の神輿を調査。その中でも浜降祭の由来に関わるとも言われる菅谷神社の天保神輿や、寒川神社の神輿などの意匠を取り入れた。

 制作は出勤前の早朝や休日に集中して行い、作業台には数十本の彫刻刀や鑿(のみ)が収まっている。納得がいくまで彫り直し、屋根の下に組まれた「升組」の部品は千個を作った中から選りすぐった。滑らかな黒い屋根は、漆を塗っては磨く作業を繰り返した。鳳凰は木を彫ったオリジナルの原型を作り、鋳造を依頼した。木材は乾燥で変形するため苦労もあった。「塗り工程で台輪(一番下の部分)にひび割れが出た時は、心が折れそうになりました」。

 3歳の頃に肩車されて見た宮入りの光景が記憶にあり、中学生の頃から浜降祭などで担いでいる。歳を重ねるごとに「神輿は地域の宝」という思いが強まり、神輿作りの原動力につながった。「地域への恩返しになれば」。今は別の神輿の部品を彫っており、別ジャンルの構想も。作業は終わりそうにない。

作業場で神輿の部品を彫る山崎さん
作業場で神輿の部品を彫る山崎さん

寒川版のトップニュース最新6

今年度中に工事着工へ

茅ヶ崎市消防署宮山出張所

今年度中に工事着工へ

2026年4月の供用目指す

5月10日

「地域のヒーロー」身近に

小谷消防分団

「地域のヒーロー」身近に

こどもカフェ初の防災訓練

5月10日

免許返納でタクシー助成

寒川町

免許返納でタクシー助成

社会参加を促進

4月26日

障害のある子どもたちと交流

寒川高校野球部

障害のある子どもたちと交流

「誰にでもやさしく」

4月26日

観光ガイドクラブ発足

観光ガイドクラブ発足

2団体が合併し地域振興

4月12日

ゼロカーボンへ協定

寒川町

ゼロカーボンへ協定

茅ヶ崎市、東京ガスと締結

4月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多才な開高健に迫る

多才な開高健に迫る

茅ヶ崎市で企画展開催中

4月27日~9月29日

寒川版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook