寒川版 掲載号:2022年5月13日号 エリアトップへ

シャクヤク全国へ 大谷芍薬園「朝5時から収穫」

社会

掲載号:2022年5月13日号

  • LINE
  • hatena
収穫したばかりのシャクヤクと園主の大谷さん(写真提供/JAさがみ)
収穫したばかりのシャクヤクと園主の大谷さん(写真提供/JAさがみ)

 贈り物としての人気も高い、華やかな大輪を咲かす「シャクヤク」。

 1933年からシャクヤクを栽培している大谷芍薬園(田端)でも、4月下旬から5月上旬まで最盛期を迎え、連日出荷作業に追われている。

 園主・大谷光昭さん(81)の畑では、約30種類のシャクヤクを栽培。スタッフらとともに朝5時から収穫を始め、その日のうちに市場への出荷や全国発送されていく。

 真っ赤な紅系も根強い人気があるが、「最近は白から薄紅色の淡い品種も人気」と大谷さん。「みんなが喜んでくれるから大切に育てていきたい」と笑みをこぼした。

 詳細はウェブ「大谷芍薬園」で検索を。

寒川版のローカルニュース最新6

七夕歌踊ショー

七夕歌踊ショー 文化

7月3日開催

6月24日号

風景印 新デザインに変更

寒川駅前郵便局

風景印 新デザインに変更 社会

6月24日号

バイク事故防止呼びかけ

バイク事故防止呼びかけ 社会

茅ケ崎署などが啓発活動

6月24日号

花苗3150株を植栽

寒川ライオンズクラブ

花苗3150株を植栽 社会

6月24日号

海開きぞくぞく

ひらつかは水質「AA」

海開きぞくぞく 社会

6月24日号

SDGsは“生活の質”を高めてくれるもの

〈冨永 愛さんスペシャルインタビュー〉

SDGsは“生活の質”を高めてくれるもの 社会

6月24日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook