寒川版 掲載号:2022年5月13日号 エリアトップへ

「浜降祭」3年連続中止に コロナの感染拡大を考慮

文化

掲載号:2022年5月13日号

  • LINE
  • hatena
人々の熱気に包まれる中、茅ヶ崎西浜海岸(サザンビーチちがさき西側)で開催されていた浜降祭
人々の熱気に包まれる中、茅ヶ崎西浜海岸(サザンビーチちがさき西側)で開催されていた浜降祭

 夏の風物詩「浜降祭」について、茅ヶ崎市はこのほど中止を発表した。2020年度から3年連続。新型コロナウイルス感染拡大の影響を踏まえた判断となった。参加する神社からは風化を懸念する声が上がっており、来年の開催が期待される。

 浜降祭は茅ヶ崎西浜に寒川神社などから30基以上の神輿が集う伝統行事で、市の4大イベントの一つとして位置付けられ、1978年には県の無形民俗文化財に指定されている。

 「どっこい、どっこい」という掛け声が響き渡り、早朝に行われることから「暁の祭典」とも呼ばれる。起源は諸説あるとされるが、少なくとも江戸後期には始まっていたとされ、例年では7月の海の日に斎行されている。

 相模國一之宮寒川神社を含めた各社の宮司で組織される宮司会はこれまで開催の可否をめぐり協議を重ねきたが、コロナの状況が不透明な中で参加者の健康と安全面を最優先に考え、中止を決定した。

各社で代替行事も

 過去45回参加している日吉神社(茅ヶ崎市西久保)の責任役員代表総代を務める鈴木薫さん(65)は3年連続の中止を受け、「寂しい」と肩を落とす。自身も幼少の頃から楽しみにしていた祭事で、以前は開催当日が休校になるなど町全体で盛り上がりを見せていた。今年も例年と同じく開催に向け準備を進めていたとし、「神社としては開催してほしい。祭りを知らない人が増えないよう来年こそは期待したい」と願いを込める。同神社では、神輿を台車に乗せて西久保地区を巡回し、地域住民に披露する催しを7月に行う予定だという。

寒川版のトップニュース最新6

地域とつながるツールに

寒川東中学校

地域とつながるツールに 教育

学校だよりに手書きメッセージ

6月24日号

世界王者下し、田圓さんが優勝

BMX日本選手権

世界王者下し、田圓さんが優勝 スポーツ

準優勝は寒川東中の森谷さん

6月24日号

新婚さんの写真を表紙に

寒川町

新婚さんの写真を表紙に 社会

記念広報誌を贈呈

6月10日号

4回目接種 7月本格化

新型コロナワクチン

4回目接種 7月本格化 社会

60歳以上と基礎疾患ある人

6月10日号

手彫り朱印で魅力発信

手彫り朱印で魅力発信 文化

「寒川の思い出持ち帰って」

5月27日号

4万1千個の苗で天然芝へ

4万1千個の苗で天然芝へ スポーツ

川とふれあい公園内

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook