寒川版 掲載号:2022年5月27日号 エリアトップへ

4万1千個の苗で天然芝へ 川とふれあい公園内

スポーツ

掲載号:2022年5月27日号

  • LINE
  • hatena
水たまりの残るグラウンド
水たまりの残るグラウンド

 相模川河川敷にある「川とのふれあい公園」のサッカー場が今年度、1万平方メートルの天然芝に生まれ変わる。4万1000個のポット苗を植えて芝生化する計画で、6月4日(土)に植え付けを予定。町では参加者を募っている。

 町内に約20あるサッカーチームなどが練習や試合会場にしているほか、グラウンドゴルフなどにも使用されている同サッカー場。土がむき出しで、雨が降ると池のようになり、なかなか水が引かなかった。

 「芝生化は利用者全員の長年の夢だった」と言う、寒川サッカー協会の青木澄夫会長。整備後は同協会が維持管理に携わるため、「他に負けないサッカー場を目指す」と意気込んでいる。

皆で守っていきたい

 町内のサッカーチーム「フットワーククラブ寒川」の入澤龍馬代表理事は、「雨が降ると2、3日は使えなかったので、木曜日に大雨が降ると、週末が晴れていても試合を中止せざるを得ないのが悩みでした」と話す。芝生化にあたり、「環境の良さを皆が発信することで、サッカーを始める子どもも増えるだろうし、天候に左右されずにプレーできることが何より。しっかりと芝生を管理し、寒川のサッカー好きがプレーできるように皆で守っていきたい」と笑顔を見せた。

参加者募集

 町では現在、芝生ポット苗植栽の参加者を募集している。

 日時は6月4日(土)、9時(8時45分集合)から正午。持ち物は金属製のスコップ、軍手等の手袋、カッパ(雨天時)。希望者は、はがきやファックス、またはメールで参加者全員の住所、氏名、年齢、連絡先を記入し、町スポーツ課へ申し込みを。また、当日参加も可能。詳細は左記より確認を。

詳細は上記二次元コードより確認を
詳細は上記二次元コードより確認を

寒川版のトップニュース最新6

「好きな食べ物」がアートに

「好きな食べ物」がアートに 教育

給食センターの壁に設置

8月5日号

65歳以上に1万円支給

寒川町コロナ対策

65歳以上に1万円支給 経済

町共通商品券を予定

8月5日号

そろばん大会で4冠

寒川中3年魚野秀仁さん

そろばん大会で4冠 教育

「自信はあった」

7月22日号

寒川で大河トーク

梶原景時役中村獅童さん

寒川で大河トーク 文化

3,000人超が応募

7月22日号

23年度に都市計画決定へ

ツインシティ橋

23年度に都市計画決定へ 社会

知事「整備着実に推進」

7月8日号

熱中症 前年の4.4倍

茅ヶ崎市消防管内

熱中症 前年の4.4倍 社会

猛暑で救急搬送相次ぐ

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook