寒川版 掲載号:2022年6月10日号 エリアトップへ

宮山にある水道記念館(湘南遺産)の館長を務める 千葉 祐一さん 相模原市在住 67歳

掲載号:2022年6月10日号

  • LINE
  • hatena

水道の歴史と、使命と

 ○…重厚なレンガ造りの外観が独特な趣を感じさせる「水道記念館」。県営水道発祥を伝える旧送水ポンプ所で、湘南遺産にも登録されている同館の館長を今年4月から務めている。コロナ禍で体験型の設備は休止中。「県営水道の歴史や建物の魅力をいかに伝えるか」を熟考し、着任後まもなく、扁額やパネルの展示を開始。「子どもから大人まで更に楽しめるようになったと思います」と自信を見せる。

 ○…大阪生まれ、川崎育ち。県企業庁に就職し、最初の配属先が水道局だった。県営水道50周年の節目の頃で、式典に向けた予算案の策定や、寒川神社参集殿で行われた当日の運営などに尽力。「まさか館長として戻ってくるとは思っていなかった」と笑うが、その顔はどこか誇らしげ。宮山駅から満開の桜咲く参道を抜け約20分、思い出を振り返りながら出勤初日を迎えた。

 ○…学生時代はサッカーにのめり込み、グラウンドを駆け回っていた。自身の子どもも所属した少年サッカーチームのコーチも20年弱務め、「“今は”観戦が好き」に落ち着いた。登山や美術館巡りなども嗜み、多少時間にゆとりができた今、「本を読んだり、ゆっくりした時間も楽しみながら、毎日を大切に過ごしていきたい」と微笑む。「でも、蛭ヶ岳(県最高峰)に行こうと思ってて」。まだまだフットワークは軽い。

 ○…「歴史の他にも、春は桜、秋は紅葉と四季折々を感じることができる広場もおすすめ」。町内はもちろん、県外からも多数の来館者が訪れる。寒川取水堰の写真が入った「ダムカード」が人気の秘密に一役買っているそうだ。来年3月、県営水道創設から90周年を迎える。「さて、何をしようかな」。きゅっと口角が上がった。

寒川版の人物風土記最新6

青田 正順さん

公益社団法人日本ボディビル・フィットネス連盟の会長に就任した

青田 正順さん

一之宮在住 65歳

8月5日号

田邊 平一さん

寒川ライオンズクラブの新会長に就任した

田邊 平一さん

岡田在住 70歳

7月22日号

石腰 亮さん

寒川ロータリークラブの新会長に就任した

石腰 亮さん

宮山在住 67歳

7月8日号

岩本 和子さん

茅ケ崎警察署に自らの作品4点を寄贈した油彩画家

岩本 和子さん

茅ヶ崎市在住 87歳

6月24日号

千葉 祐一さん

宮山にある水道記念館(湘南遺産)の館長を務める

千葉 祐一さん

相模原市在住 67歳

6月10日号

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

茅ヶ崎市民文化会館で第21回玉泉水墨画会展を開く

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

寒川町在住 74歳

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook