神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
寒川版 公開:2024年5月10日 エリアトップへ

神奈川県水道記念館(寒川町宮山)の館長に4月1日付けで就任した 伊東 祐治さん 茅ヶ崎市在住 66歳

公開:2024年5月10日

  • X
  • LINE
  • hatena

県営水道の歴史、伝えたい

 ○…湘南遺産にも登録されている「水道記念館」の館長に4月1日付けで就任した。昨年90周年を迎えた県営水道の発祥を伝える旧送水ポンプ所で、歴史を感じさせるレンガ造りの建物内には、興味深く県営水道について学べる設備が整っている。「多くの方に親しみを持ってもらえる施設であるとともに、後世に引き継いでいかなくてはならない重要な遺産」とし、「水道の大切さをもっと知ってもらいたい」と啓発事業にも力を入れていく。

 ○…茅ヶ崎で生まれ育つ。大学卒業後、神奈川県庁に就職。デパート等の販売動向をレポートしたり、商店街の集客アドバイス等を担ってきた。さまざまな課で仕事を進める中で、特に思い出深いのが、県庁のシステム管理や運用をしていた頃。「システムダウンしたら県民に迷惑がかかる」と、泊まり込みで作業をする日も多くあった。また、元号が昭和から平成に変わる時だったため、「プログラムの書き換えに心を配った」と振り返る。相模原にある県水道営業所の所長で定年退職。その後、県観光協会専務理事や県商工会連合会専務を歴任した。

 ○…休日はパソコンいじりを楽しむ。オンラインゲームをしたり、音楽や落語のユーチューブを見て過ごすのが至福のひとときだ。2人の子は独立し、現在は7人の孫に囲まれている。「実は、6月にもう一人生まれる予定」とうれしそう。

 ○…館内でおすすめしたいのが、水遊びもできる広々とした「庭園」。相模川の流れを表した小川の周りには、給水区域12市6町のシンボルツリーが植栽されている。「園児がお散歩で来てくれたりして、癒される空間」と目じりを下げる。「未来につなげていけるよう、愛される施設を目指したい」

寒川版の人物風土記最新6

川田 哲也さん

寒川神社参集殿の殿長に4月1日付けで就任した

川田 哲也さん

寒川町宮山勤務 61歳

5月24日

伊東 祐治さん

神奈川県水道記念館(寒川町宮山)の館長に4月1日付けで就任した

伊東 祐治さん

茅ヶ崎市在住 66歳

5月10日

奈良 英俊さん

3月19日付けで茅ケ崎警察署長に就任した

奈良 英俊さん

茅ヶ崎市在勤 57歳

4月26日

深澤 文武さん

4月1日付けで寒川町副町長に就任した

深澤 文武さん

小谷在住 59歳

4月12日

三善 幸夫さん

能登半島地震の緊急消防援助隊神奈川県大隊の第一次派遣で大隊長を務めた

三善 幸夫さん

横浜市在住 60歳

3月29日

大澤 文雄さん

瑞宝双光章を受章した元寒川町教育委員会教育長

大澤 文雄さん

倉見在住 72歳

3月15日

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook