神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
寒川版 公開:2022年7月8日 エリアトップへ

ツインシティ橋 23年度に都市計画決定へ 知事「整備着実に推進」

社会

公開:2022年7月8日

  • X
  • LINE
  • hatena
平塚側で進む道路整備
平塚側で進む道路整備

 寒川町倉見地区と相模川をはさんだ平塚市大神地区で進む「ツインシティ」計画をめぐり、黒岩祐治県知事は両地区を結ぶ新橋を含んだ全長約1・7Kmの道路について、必要な都市計画の手続きを2023年度までに完了させると明らかにした。6月17日の県議会本会議で答弁し、都市計画決定後は用地取得に向けた調査も行うとした。

 ツインシティ事業は、東海道新幹線の新駅誘致を目指す倉見地区と、相模川対岸の大神地区で一体的なまちづくりを行う計画。県は、大神・倉見の両地区を結ぶ新橋「(仮称)ツインシティ橋」を建設し、国道129号から寒川町倉見の産業道路に接続する全長約1・7Kmの道路を整備するとしている。

 平塚側の0・5Km区間では現都市計画に基づき、区画整理事業に合わせて先行して準備が進められている。県議会本会議で藤代優也氏(自民党)の代表質問に答えた黒岩知事は、平塚側の0・5Kmについて「まちづくりの進捗に一層の弾みをつけるため、今年度内の完成を目指す」と表明した。

 全体の約1・7Kmについては、関係機関との調整を進めて2023年度中に都市計画の手続きを完了させる方針。新橋を含む1・2キロ区間はJR相模線と圏央道に対して立体交差する複雑な工事が必要となるため、「鉄道事業者と綿密に調整を重ねている」(知事)と説明した。

新道「東西の軸に」

 圏央道の開通により周辺では企業立地が活発化していることから、黒岩知事は「東西の軸となる本路線の必要性が一層高まっている」と、新たな道路が重要な交通網であることを強調。「地域の発展に寄与するツインシティ橋の整備を着実に推進していく」と述べた。

町長「重要な交通基盤と認識」

 町づくりを進める上で、木村俊雄町長は「現在の状況や町として考え方を伝え、地域に理解してもらうことが重要」とし、町では6月下旬から7月上旬にかけて説明会を3回実施。当日は、県職員も同席し、倉見大神線の一般4車線化や今後のスケジュール、土地利用、新幹線新駅誘致に関するJR東海への要望活動などについて説明をした。

 「(仮称)ツインシティ橋」周辺道路について町長は、「重要な交通基盤と認識している」とし、「県や平塚市、地域と連携し整備を進めていきたい」と話した。

寒川版のトップニュース最新6

今年度中に工事着工へ

茅ヶ崎市消防署宮山出張所

今年度中に工事着工へ

2026年4月の供用目指す

5月10日

「地域のヒーロー」身近に

小谷消防分団

「地域のヒーロー」身近に

こどもカフェ初の防災訓練

5月10日

免許返納でタクシー助成

寒川町

免許返納でタクシー助成

社会参加を促進

4月26日

障害のある子どもたちと交流

寒川高校野球部

障害のある子どもたちと交流

「誰にでもやさしく」

4月26日

観光ガイドクラブ発足

観光ガイドクラブ発足

2団体が合併し地域振興

4月12日

ゼロカーボンへ協定

寒川町

ゼロカーボンへ協定

茅ヶ崎市、東京ガスと締結

4月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多才な開高健に迫る

多才な開高健に迫る

茅ヶ崎市で企画展開催中

4月27日~9月29日

寒川版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook