寒川版 掲載号:2022年7月22日号 エリアトップへ

参院選 寒川町でも三原氏トップ 与党3議席獲得

政治

掲載号:2022年7月22日号

  • LINE
  • hatena
当確報道後、事務所に駆け付けた菅義偉前首相と握手を交わす三原じゅん子氏
当確報道後、事務所に駆け付けた菅義偉前首相と握手を交わす三原じゅん子氏

 参議院議員選挙の投開票が7月10日に行われた。改選4と欠員補充1の計5議席を過去最多の22人で争った神奈川選挙区は、自民党の現職・三原じゅん子氏(57)が約80万7千票を獲得し、トップ当選。以下、日本維新の会の元職・松沢成文氏(64)、公明党の現職・三浦信祐氏(47)、自民党の元職・浅尾慶一郎氏(58)、立憲民主党の新人・水野素子氏(52)が当選した。

 トップ当選の三原氏は当確報道を受け、横浜市中区の事務所であいさつし、選挙戦を「これ以上できないというほど精一杯動いた」と振り返った。3期目で取り組みたいことの一番に子育て施策を挙げ「子どもにもっと投資し、子育てをしている若いお父さんやお母さんの負担を軽減したい」と述べた。

 昨年の横浜市長選に出馬するために辞職し、1年ぶりの復帰となる松沢氏は「改革保守の第三極という方針が神奈川県の多くの有権者に賛同いただけた。勝利を機に本物の改革保守政党を日本につくりたい」と語った。

 三浦氏は2期連続の当選。「県内を回る中、改めて現場の、生活者の声を政治に反映していく重要性を強く感じた。課題は多いが、がん対策にも注力したい」とした。

 5年ぶりの国政復帰となった浅尾氏は「選挙戦で訴えてきた何度でもチャンスのある社会の実現に向け頑張っていく」と述べた。

 選挙区において全国最後の当選者となった水野氏の任期は3年。「国際法の専門家として平和構築に取り組みたい」と意気込みを語った。

 寒川町では、三原氏がトップの4129票で有効投票総数の約9・8%を獲得した。県全体の投票率は54・51%で前回を5・78ポイント上回った。同町の投票率は48・66%で前回より4・46ポイント上昇した。

寒川版のローカルニュース最新6

「幸運よ、鯉!」

「幸運よ、鯉!」 文化

寒川神社のおみくじが人気

8月5日号

球児が熱戦

冬のヒマワリ咲かせましょ

町社協HPリニューアル

町社協HPリニューアル 社会

「見やすい」と好評

8月5日号

茅ヶ崎市博物館がオープン

7月30日

茅ヶ崎市博物館がオープン 文化

 地域づくりの拠点目指す

8月5日号

宗次郎さんオカリナ公演

チケット販売中

宗次郎さんオカリナ公演 文化

寒川町民センターで10月9日開催

8月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook