神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
寒川版 公開:2023年11月3日 エリアトップへ

寒川町 紙おむつの処分支援へ 子育て支援を強化

社会

公開:2023年11月3日

  • X
  • LINE
  • hatena

 寒川町は、こども家庭庁が各自治体に協力を呼び掛けている「こどもまんなか応援プロジェクト」に賛同し、10月1日付けで「こどもまんなか応援サポーター」に就任した。社会全体で子どもの成長や子育てを応援していく機運の醸成等に取り組んでいく。

3つのアクション

 同応援サポーターとして寒川町が掲げた具体的なアクションは3つ。

 1つ目は、「小児医療費助成制度を高校生相当まで拡大する」こと。

 同取り組みは10月1日から始まっており、これまでは中学校卒業までだった小児医療費助成の対象年齢が、高校3年生相当(18歳の誕生日後の最初の3月31日)に拡大した。所得制限無し。

 2つ目は、「保育所等での紙おむつの処分を支援する」こと。

 現在は保護者が持ち帰っている使用済の紙おむつを、次年度から町内の全保育施設で処分できるように、方法などの検討を重ねている。

 3つ目は、「放課後児童クラブを拡充し待機児童の解消を図る」こと。

 同クラブは、主に共働き世帯などの小学生を対象に、生活や遊びの場を提供して健全な育成を図るための施設で、現在、町内には5つの小学校区に7つの児童クラブがある。同施策では、ここ数年20人前後の待機児童が出ていた寒川小学校区の児童クラブを新たに新設し、待機児童の解消に努める。定員は40人で、入所申請時期は、他クラブの次年度申請時期と同じ11月10日(金)から12月8日(金)となる。

 町ではこれまで、2歳未満の乳幼児がいる世帯に、使用済みの紙おむつを入れる可燃ごみ指定収集袋最大240枚を無料配布したり、子育て世帯へ独自の給付金を支給するなど、さまざまな子育て支援事業を展開してきた。担当課では、「子どもたちが健やかで幸せに成長できる社会を目指して、今後も取り組んでいきたい」と話している。

寒川版のトップニュース最新6

菱和園のポン茶が認定

なでしこブランド

菱和園のポン茶が認定

茶葉の旨みを1粒に凝縮

2月16日

一枚写真で優秀賞

広報さむかわ

一枚写真で優秀賞

中高生の躍動写す

2月16日

50周年記念しフォトコン

「スイセン」テーマに募集

50周年記念しフォトコン

2月2日

町内救急出動が41%増

茅ヶ崎市消防本部

町内救急出動が41%増

熱中症等要因か

2月2日

被災地支援の輪広がる

能登半島地震

被災地支援の輪広がる

町役場など各地に募金箱

1月19日

今季は「一戦必湘」

湘南ベルマーレ

今季は「一戦必湘」

新体制発表で躍進誓う

1月19日

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook