神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
寒川版 公開:2024年3月29日 エリアトップへ

パラ水泳選手田中映伍さん パリパラ代表に決定 選考会で派遣基準クリア

スポーツ

公開:2024年3月29日

  • X
  • LINE
  • hatena
会場でリラックスした表情=本人提供
会場でリラックスした表情=本人提供

 4歳まで寒川町に暮らしていたパラ水泳選手・田中映伍さん(19・東洋大学1年生)が、今夏フランス・パリで開催されるパラリンピックの日本代表に選出された。3月9日と10日に開催された選考レースの結果を受けたもの。田中さんは「選考会では本来の泳ぎができなかったので、パリで自分の力を出し切りたい」と話す。

 パリへの切符をかけて、静岡県で行われた「日本パラ水泳春季チャレンジレース」に出場した田中さん。実は「1週間ほど前から眠れない日々が続いた」という。

 初日は、昨年日本新をマークするなど得意の50mバタフライだったが「泳ぎはじめた瞬間に身体が重く、いつもとは違うと感じた」。

 結果は自己ベスト(34秒47)から3秒近く遅い37秒12。「やばい、とパニックになった」

 そんな時、支えになったのがともにパリを目指すライバルやクラスの異なる選手たち。「たくさんの人が『お前なら絶対に大丈夫』と声をかけてくれた。それでようやく『やるしかない』と開き直れた」。その日は試合の疲れもあり久しぶりにぐっすり眠れたという。

 迎えた2日目の50m背泳ぎでは、自己ベスト(37秒05)に近い37秒43をマーク。この結果を受けて、「派遣B基準記録」を突破した50m背泳ぎでS5クラス(両下肢の障害や手足の欠損がある人が対象)の日本代表に決定した(本番では50mバタフライや50mおよび100m自由形にも出場する可能性がある)。

 選考レースを振り返り「いい練習ができて、バタフライと背泳ぎともに自己ベストを更新できる手ごたえがあったので、今回の結果は不本意」と悔しさをにじませる一方で「代表に決まったこと、そしていまの時期にこの緊張感を経験できたことはよかった」とポジティブにとらえている。

 今後は大学に近いナショナルトレーニングセンターで練習を重ねながら、海外遠征やフランス国内での事前合宿も予定されているなど、慌ただしい日々が続く。

 出場を決めたことで、テレビ取材を受けるなど注目の高さも改めて感じている。「パリではチャレンジャーの立場。いま自分ができるパフォーマンスを発揮して、まずは自己ベスト更新を狙いたい」と話している。

選考レースでの田中さん(中央)=本人提供
選考レースでの田中さん(中央)=本人提供

寒川版のトップニュース最新6

観光ガイドクラブ発足

観光ガイドクラブ発足

2団体が合併し地域振興

4月12日

ゼロカーボンへ協定

寒川町

ゼロカーボンへ協定

茅ヶ崎市、東京ガスと締結

4月12日

レール脇に案内図設置

西寒川支線廃線跡

レール脇に案内図設置

「貴重な遺産」周知図る

3月29日

パリパラ代表に決定

パラ水泳選手田中映伍さん

パリパラ代表に決定

選考会で派遣基準クリア

3月29日

「町最大級」のドッグランが登場

「町最大級」のドッグランが登場

4月21日に「いぬまつり」

3月15日

言葉贈りブランド醸成

寒川町

言葉贈りブランド醸成

「『高座』のこころ。」カードに

3月15日

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook