神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
寒川版 公開:2024年5月10日 エリアトップへ

地域に喜ばれる駅ビルに

経済

公開:2024年5月10日

  • X
  • LINE
  • hatena

 「住んで良かった、通って良かった、訪れてよかった」をスローガンに4月1日、新たなスタートを切った(株)JR横浜湘南シティクリエイト。湘南ステーションビル(株)と(株)横浜ステーシヨンビルが合併し、牽引役には田村修代表取締役社長(56)が就任した。

15駅ビル運営

 平塚市代官町に本社を置く同社は、「ラスカ」や「シァル」など15店舗の駅ビルを運営、今回の合併で県内全域を網羅した。田村社長は「地域のお客様に喜んでもらえるような駅ビルでありたい」と力を込める。

 田村社長は1991年に東日本旅客鉄道(株)に入社後、不動産部門をはじめ、エキナカや新規ビジネスを手掛けてきた。「駅ビル事業は1年生みたいなもの。少しでも課題を見つけて新しいことに挑戦したい。2つの会社の強みを生かし、1+1=2ではなく、3にも4にもなる」と前を向く。

「まちへ行く」感覚で

 八王子出身で、高校時代は「駅ビルに行く=まちに行く」という感覚だったという。「平塚も似てますね。みなさん『まちに行く』と言う。共通点を感じる」とほほ笑む。ラスカ平塚は昨年50周年を迎え、今年のリニューアルに向け改装工事が進む。「デベロッパーとしての役割も担うため、地域の方々に喜んでもらえるような店舗にしたい」と意気込む。

「まだ混ざり合わない」

 2店のロゴは水色と赤。「まだ合併して1カ月、混ざり合っていない状態。これから融合して混ざり合うのか、別々のカラーでいくのか今決めることではない。ゆっくりとお客様と対話しながら考えていきたい」。柔和な表情の中に、確かな決意を感じた。

■(株)JR横浜湘南シティクリエイト/1971年創業/【平塚本社】平塚市代官町1番1号/【電話】0463・22・0236

寒川版のローカルニュース最新6

3人制テニス・トリプルスを推進

町テニス協会

3人制テニス・トリプルスを推進

経験・年齢問わずプレー可

6月7日

夏至のダイヤモンド大山

町観光協会

夏至のダイヤモンド大山

ビューポイントを紹介

6月7日

文化芸術情報を一冊に

神奈川県

文化芸術情報を一冊に

県内イベントを紹介

6月7日

所属委員会が決定

山本哲県議 県議会

所属委員会が決定

6月7日

子ども・若者の声を形に

子ども・若者の声を形に

事業提案を募集

6月7日

美術や陶芸の力作ずらり

入場無料

美術や陶芸の力作ずらり

町民センターで作品展

6月7日

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook