平塚版 掲載号:2018年3月8日号 エリアトップへ

平塚市 リトアニア交流方針を策定 五輪事前キャンプにむけ

社会

掲載号:2018年3月8日号

  • LINE
  • hatena

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの事前キャンプに向けて、平塚市は先月22日、「ひらつかリトアニア交流推進基本方針」を策定したと発表した。

 方針には事前キャンプ受入▽スポーツ振興▽次代を担う子どもたちの育成▽経済交流▽多文化共生社会を目指した交流の5項目を柱とし、取り組むべき事業の方向性が示されている。

 キャンプ受入では、既存の競技施設を五輪選手のトレーニング利用に適した状態に改修、訪問者の増加が見込まれる駅、施設周辺についてバリアフリーを推進し、サイン表示などの多言語化に取り組むとした。

 また、五輪選手との触れ合いによるスポーツ振興や、国際社会に高い関心を持った子どもの育成、同国と市内事業者間の経済交流、市民ボランティアの育成や文化交流による多文化共生社会の啓発などを基本方針の中に盛り込んだ。

 主な活動を示す交流推進計画の項目では、オリンピック開催前の19年までに、同国の言語や文化、歴史に関する講座・講演の開催をはじめ、市内イベントでの同国ブースの出展、訪問団の相互派遣などに取り組むとした。大会期間中には同国を紹介する拠点を市内に開設、パブリックビューイングを設置し、同国関係者との応援を実施する。

 大会後も、スポーツや教育、文化、経済交流のための訪問団の相互派遣や、同国大使館と連携した交流イベントの開催を実施し、交流を続けていくとしている。

 今回の方針策定の趣旨について市は「『スポーツのまちひらつか』を世界に発信出来るまたとないチャンス」とし「おもてなしの心を持ち、リトアニア共和国との友好の絆を育み、スポーツの感動を共有していくことを通じて、夢と希望を次世代に引き継ぐことを目指す」としている。

平塚版のローカルニュース最新6

サンタポストがお目見え

サンタポストがお目見え 文化

平塚郵便局などで25日まで

12月12日号

残留決定はお預け

残留決定はお預け 社会

地元もため息、次戦に期待

12月12日号

インドの子供へ寄付

インドの子供へ寄付 文化

妙圓寺でバザー提供品募る

12月12日号

445人元気いっぱい完走

YEG小学生駅伝大会

445人元気いっぱい完走 社会

12月12日号

クリスマス公演

入場無料

クリスマス公演 文化

平塚教会で15日

12月12日号

ママも楽しいクリスマス

ママも楽しいクリスマス 文化

14日ららぽーとでイベント

12月12日号

クラファン目標額到達

市民病院

クラファン目標額到達 社会

搬送用保育器購入へ

12月12日号

あっとほーむデスク

  • 10月24日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク