平塚版 掲載号:2018年3月29日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

行政書士 Q.今すぐではなく、夫婦が逝去し三回忌が過ぎたらお墓を閉じたい。どうしたらいい?

 A.私たちの代で絶えてしまうお墓を今すぐではなく夫婦で一緒に入った後、数年経ってから閉じてほしいと願う方が増えています。

 その希望を叶えるには、改葬手続一式を死後の事務として生前に委任契約を締結しておくことが必要です。手を合わせる場所を残しながら遠縁の親類には迷惑をかけずに、寺院や墓地管理者とトラブルなく円満に墓じまいをするためには何を大切にすべきか、一緒に考えていきましょう。

 なお、自分の死後に委任事務が確実に執行されるよう契約は必ず公正証書にします。当事務所は、国家資格を持つ代表自身が役所等の複雑な申請手続、寺院との折衝や石材業者の手配までをマンツーマンで対応、法律知識と調整力には自信があります。どうぞお気軽にご相談ください。
 

加藤法務行政書士事務所

平塚市紅谷町9-1リーデンスタワー湘南平塚2F

TEL:0800-1230913

http://machinakastation.com/

平塚版のピックアップ(PR)最新6件

VWゴルフオーナーにインタビュー

「輸入車は、上品だから大好きです」

VWゴルフオーナーにインタビュー

3月14日号

腰痛専門の治療院

潰れている人も、切らなきゃ無理といわれた人も…

腰痛専門の治療院

3月14日号

車の購入は消費増税よりもっと早くがお得?なぜ?

春のおでかけガイド

民法改正で変わる「相続」我が家の場合の影響を考える

もめないための遺言と遺産分割 無料セミナー

民法改正で変わる「相続」我が家の場合の影響を考える

3月7日号

不登校生が通学生のモデルに

T&M講座 第33講

不登校生が通学生のモデルに

3月7日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月14日号

お問い合わせ

外部リンク