平塚版 掲載号:2018年8月16日号
  • googleplus
  • LINE

「堅守で着実に上位へ」 後半戦「無失点」目指す

スポーツ

 湘南ベルマーレが直近4試合を2勝2分(8月5日時点)と好調だ。豊富な運動量を背景にした湘南らしい「堅守速攻」の試合運びで勝ち点を重ねている。ルーキーながら「守備の要」として成長著しい坂圭祐選手(23)に後半戦の意気込みを聞いた。

――現在までの心境をお聞かせください。

 開幕からスタメン出場するのが一番の目標でしたが、出られなくて悔しい思いをしました。最近はリーグ戦に出られるようになってきて充実しています。

――プロに入り自身のプレーはいかがでしょうか。

 ヘディングとビルドアップはプロでも通用すると感じています。課題はクロスやセットプレーでのマーク。プロはゴール前の攻防が激しく、動きが速いなどの長所が洗練された選手を抑えるのが難しいです。

――湘南ベルマーレの練習は厳しいですか。

 めっちゃキツイっす。でも自分が望んだ環境です。若いうちに鍛えておいた方がキャリアを重ねた時に生きてくるはずです。ベルマーレは年齢に関係なく全員が一生懸命練習に取り組んでいるので「自分みたいに若い奴が遅れる訳にはいかない」という気持ちになります。良いチームです。

――DFに杉岡選手や山根選手などの若い選手がいます。ライバル意識はありますか

 自分が試合に出場できていない時は意識していました。でも今は、ライバルよりも互いに「こうしたほうがいい」とアドバイスし合える存在に変わりました。一緒に戦う仲間です。

――ロシアW杯中断明けから連続でスタメンですが手ごたえはありますか。

 中断前からある程度、試合の感覚をつかみつつありました。(中断期間中に行った)福島キャンプを通してチームメートとのコミュニケーションや体力が上がったのもあります。チームとしては、夏場の厳しい中でも走りが落ちないですね。「負けたくない」という気持ちが表れていると思います。

――第17節ヴィッセル神戸戦でJ初ゴール!

 もちろんうれしかったです。「自分が決めた」というより「チームが先制できた」ことの方が喜びは大きいです。自分はDFなので毎試合無失点が目標。猛攻をしのいだときや身体を張ったプレーが評価されて、無失点を達成できるとうれしいです。

――背番号20は前季所属のDF坪井慶介選手の番号ですね。意識していますか。

 同じ四日市中央工業高の先輩ですし、フロントから「坪井選手のようにすごい選手になってほしい」と言われこの番号になりました。名前も「ケイスケ」で同じなので、意識しています。

――残りのシーズンはどう過ごしますか。

 まずはケガをしないこと。次に試合では、無失点ならば勝点1以上が確定するので、無失点試合を積み重ねて少しでも順位を上げられるようにしたいです。個人としては最後まで守り切ることや、危険を未然に防ぐ能力を高めていきます。

――目標はA代表入り?

 高校の時の指導者やファンから、「A代表めざしてがんばって」と言われますが、自分としてはまだ現実味を感じません。まずはリーグ戦全試合フル出場を目標に、自分にしかない機動力やきめ細やかなコーチングを生かして一歩ずつ階段を上っていきたいです。

――第21節にはヴィッセル神戸戦をホームに迎えますね。

 神戸のFWウェリントン選手は空中戦や身体が強く難しい相手です。なので一人で守ろうとせずに、DF3人とGKの秋元陽太さんを中心に、チーム一丸となって守り抜きたいです。

――平塚の印象と休日はどうでしょう。

 大学時代に住んでいた千葉は田んぼが多かった分、平塚は都会だなという感じ。先日初めて自転車で平塚の海を訪れました。海が近いのはいいですね。休日はショッピングを楽しんだり、家や喫茶店で本を読んだりしています。たまに温泉に行って息抜きもします。

――最後に、サポーターに一言をお願いします。

 試合中はサポーターの声が届くので、よく聞きながらプレーしています。僕らも一生懸命戦うので、サポーターの皆さんも一緒に戦ってください。

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ともに生きる」体験イベント

「ともに生きる」体験イベント

パラスポーツなど紹介

9月22日~9月22日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク