神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

地元愛を叫ぶラップバトル いつかは「七夕公式イベントに」

文化

公開:2019年5月30日

  • X
  • LINE
  • hatena
ダンナオブエナイこと西久保さん(左)と高橋さん
ダンナオブエナイこと西久保さん(左)と高橋さん

 平塚が拠点のラッパー・ダンナオブエナイ(本名・西久保祐輔)さん(39)=桃浜町在住=が7月6日午後3時〜7時半に 、明石町のカフェ&バーロッタで、七夕MCバトル「Ya Know My Steelo」を開催する。高校生以下、親子連れ無料。一般は1500円(1ドリンク付)。

 MCバトルは、2人が交互にラップし、相手の投げかけに当意即妙に答えるのが醍醐味。韻や言葉の選び方、即興性の高さ等で勝敗が決まる。互いをけなすこともあるが、今回は「地元への愛をラップに」というテーマを設けた。審査基準は「地元愛の深さ」で、優勝賞金は5万円。韻が踏めない未経験者にも広く参加を呼びかけ、西久保さんは「平塚、茅ヶ崎など、地元の好きなところを言い合い、自分しか持ち得ないパーソナリティを表現してほしい」と話す。将来は七夕まつりの公式イベントにしたい考えだ。

 19歳でヒップホップバンド・オジロザウルスに魅せられた西久保さんは、5年前までラップ音楽の活動をしていた。当時は、世の中への不満や自虐をラップに乗せていたが、子供の誕生をきっかけに「不満ばかりは言っていられない」と制作活動は一時休止していた。

 「ラップバトルは夜中の開催が多く、高校生や私たち子育て世代が生で見ることが難しい」と話す西久保さんは、誰もが生でラップバトルを見て参加できるようイベントを企画。今回は「ルールがなく誰でも出来る自由な自己表現の手段」というラップそのものを、高校生等の若手や、かつて経験があるが今はやめてしまった人に楽しんでもらおうと動き出した。

 西久保さんは「一緒に面白いことを作り上げましょう」と話し、運営スタッフの高橋勇士さん(38)=花水台在住=は「私が若い時、表現できる場所を作ってくれた人がいた。今度はその環境を提供したい。ぜひ、高校生に来てもらいたい」と抱負を語った。

 参加者は公式サイト(http://yaknowmysteelo.com/)で受付中。またクラウドファンディング(https://camp-fire.jp/projects/view/153827)で資金調達を募っている。(問)西久保さん【電話】080・4375・0463

平塚・大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

宝塚のスター出演

宝塚のスター出演

8月4日 八幡山の洋館         

7月13日

全国での活躍誓う

平塚江南高

全国での活躍誓う

競技かるた部と放送員会

7月12日

学食でつながるレイアの輪

SEISA OSA RHEA選手がいるまち

学食でつながるレイアの輪

株式会社TwinS 夏目萌由さん

7月12日

小林照菜さんに助成金

女子ゴルフ

小林照菜さんに助成金

明治安田が地元選手支援

7月12日

寺のハス育てて20年

寺のハス育てて20年

93歳の富岡昭二郎さん

7月12日

「わくわくする大磯町に」

参加者募集

「わくわくする大磯町に」

若い世代で意見交換

7月12日

平塚市ラグビーフットボール協会

競技の普及と青少年の育成に努めています。

http://rugby-hiratsuka.jp/

Needs Golf

7月新規入会キャンペーン実施中!

https://needs-golf.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 計画の見直し求める

    湘南海岸公園龍城ケ丘ゾーン 6月定例会議会報告

    計画の見直し求める

    市議会議員 渡部(わたなべ) りょう

    7月5日

あっとほーむデスク

  • 6月27日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

平塚・大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

平塚・大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook