平塚版 掲載号:2020年1月23日号 エリアトップへ

ボクシング 全国でベルト勝ち取る 互いに高め合う松村、吉井両選手

スポーツ

掲載号:2020年1月23日号

  • LINE
  • hatena
松村一喜選手(左)と吉井康介選手(右)
松村一喜選手(左)と吉井康介選手(右)

 昨年9月に後楽園ホールで行われたボクシングの第2回ジュニア・チャンピオンズリーグ全国大会で、U-15(32・5kg級)で優勝した松村一喜選手(14)と、U-12(32・5kg級)で優勝した吉井康介選手(11)が16日、落合克宏市長を表敬訪問した。

 両者は予選から含め4〜5試合を勝ち抜き、東日本代表として全国大会に出場した。ストレートを得意とする松村選手は、カウンターも駆使しながら全国に勝ち上がり、1度はダウンを奪ったもののあと一本が決めきれず判定勝ち。「判定勝ちは悔しいけど、優勝には驚いた。練習の成果が出た」と話した。一方、右フックを得意とする吉井選手も判定勝ち。空手の経験を活かしボクシング歴2年で手にした栄光だ。「優勝が目標だったから達成できた。でもKO勝ちしたかった」と話した。

 年齢に差があるが、背丈も体重もほとんど同じ二人は、所属するTEAM10COUNT BOXING GYMでスパーリングをする。歳の差や経験値の違いからか「フェイントとか頭を使った戦い方をしてくる。パンチも重い」と吉井選手は先輩を慕い、松村選手は「憧れの選手は(吉井)康介。まだ2年なのにここ数カ月だけでも成長がすごく早い。スパーの時でも年齢差を全く感じないほど強い」と後輩を認める。

 今後も二人で切磋琢磨し、目標は「インターハイで優勝することです」と声をそろえた。
 

平塚市選挙管理委員会

衆議院議員総選挙の投票日は10月31日です。期日前投票もご活用ください。

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/senkyo/index.html

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6

海のごみ問題を知る

海のごみ問題を知る 社会

市民団体らが検証

10月21日号

新米を100人に

新米を100人に 文化

24日「朝市」

10月21日号

海街フェス開催

海街フェス開催 文化

自然素材の工作も

10月21日号

福祉ボラスクール

福祉ボラスクール 社会

参加者募集中

10月21日号

不登校の不安を共有

不登校の不安を共有 教育

保護者向け談話開催

10月21日号

着物リメイク「ちくちく展」

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook