平塚版 掲載号:2021年4月22日号 エリアトップへ

徳延在住 涌井兄弟、卓球の原点 地元クラブから強豪校へ

スポーツ

掲載号:2021年4月22日号

  • LINE
  • hatena
颯輝さん(前列左から4人目)、唯羽さん(同5人目)とクラブのメンバーたち
颯輝さん(前列左から4人目)、唯羽さん(同5人目)とクラブのメンバーたち

 徳延在住の涌井颯輝(ふうき)さん(15)が湘南工科大学附属高等学校(藤沢)へ、弟の唯羽(ゆうは)さん(12)が実践学園中学校(東京)へ、卓球の強豪校へそれぞれこの4月から進学した。卓球に打ち込む兄弟の原点は小さな卓球クラブにあった。

始まりは公民館

 2人の”故郷”は、旭南公民館(山下)で週一回水曜に開かれる卓球教室「下山卓球クラブ」。あまり運動が得意でなかった颯輝さんが小学1年の夏、体験教室で卓球にはまり、「もっとやりたい」と夢中に。当時、兄の背中を見るだけだった幼稚園年中の唯羽さんもそれに続き、卓球兄弟が誕生した。

 もともと健康のためや、卓球好きが高じてのシニア世代ばかりが参加していた同クラブ。同年代の子どもは他にいなかったが、厚意で参加させてもらった。メンバーたちは兄弟がラケットに当てる度、「上手だね」と孫のように可愛がった。颯輝さんは「親戚のうちにいるみたいに温かかった」と振り返る。

 好きこそものの上手なれ。はじめはお遊び程度だったが、メキメキと力をつける2人を見て、クラブの指導者・鈴木早苗さん(73)は、「基礎さえしっかりと身に付ければ一流になれる」と見込んだ。伝手を頼んでさらにレベルの高い練習ができる小田原のクラブチームを勧めた。

感謝の気持ちを忘れないで

 それからはクラブで自宅で卓球漬けの日々。片道1時間かけて小田原へ送迎した母の彩香さん(38)は、「買って1年で4万Km。ディーラーの人にタクシー運転手でもこんなに走らないって言われちゃった」と苦笑い。それでも「感謝の気持ちを忘れてほしくない」と週1回は下山卓球クラブへ通い続けた。

 今では颯輝さんは県で1・2を争う鴨宮中(小田原)のエース。唯羽さんは県代表チームとして全国選抜にも出場した。そんな2人も春から高校生と中学生。特に唯羽さんは8月から寮に入り、8年通ったクラブも卒業だ。颯輝さんは「ここから僕らの卓球がはじまった」。唯羽さんは「目指すは中学生ナンバーワン」と意気揚々だ。

 彩香さんは「この8年、何をしていてもずっと卓球の話ばかり。大変なことがあっても、家族みんな楽しかった。これからもサポートしていきたい」と話し、鈴木さんは「きっと日本を代表する選手になる。今から将来が楽しみ」と笑みをこぼした。
 

平塚版のローカルニュース最新6

コスモスとひまわりの共演

コスモスとひまわりの共演 教育

美里・柿の実こども園

10月14日号

「希望に満ちたシーズンに」

神奈川フィル

「希望に満ちたシーズンに」 文化

来季プログラムを発表

10月14日号

私たちの抱負

22年成人式実行委員を紹介!

私たちの抱負 社会

〜後編〜

10月14日号

美しさひも解く初個展

美しさひも解く初個展 文化

真田在住 米満さん

10月14日号

生徒が教会で「模擬葬儀」

生徒が教会で「模擬葬儀」 教育

葬祭専門学校の体験授業

10月14日号

「伝統」と「革新」、柔軟に対応

特別インタビュー

「伝統」と「革新」、柔軟に対応 経済

豊島屋 久保田陽彦社長に聞く

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook