平塚版 掲載号:2021年5月27日号 エリアトップへ

若き医師 地元に恩返し 市のワクチン接種に協力

社会

掲載号:2021年5月27日号

  • LINE
  • hatena
取材に応じる道海さん
取材に応じる道海さん

 平塚市の新型コロナウイルスワクチン接種が5月15日から始まった。75歳以上の高齢者を対象にした初日は、2会場で医師4人が接種に協力。その中に市内旭地区で小児科クリニックの開院を控える道海秀則さん(43)の姿があった。

 道海さんは、平塚生まれ、平塚育ち。鶴嶺幼稚園〜松原小学校〜江陽中学校〜江南高校と生粋の平塚っ子だ。実家は八千代町で100年続く鍼灸院を営む家系という。

 「地元に恩返ししたいという気持ちが強かった。子どもの頃に平塚の医師に助けられ、それがきっかけで医師を志した」とワクチン接種に協力した理由を話す。

 小児喘息の持病があった道海さんは、小学5年生の時に診てもらった共済病院の医師がヒーローに見えたという。以来「子どもを助ける医者になりたい」との信念を持ち、医師免許を取得。東京の大学病院や埼玉、川崎、藤沢の病院やクリニックを経て、地元・平塚に戻ってきた。

 道海さんは6月1日に「こどもクリニックどうかい」(徳延)を開院する。旭地区に小児クリニックがないため、地域からの歓迎の声も多い。「全ての子どもを助けたいのが本音だが限界がある。自分の生まれ育った地域のために働きたい」と情熱を語った。
 

MADOショップ平塚真土店

省エネ・結露・防音・防犯にあったか「内窓」はいかが

http://kobayashikenso.co.jp

横浜幸銀信用組合平塚支店

平塚支店12月6日、平塚駅北口ロータリーに移転オープン

https://www.yokohamakougin.co.jp/

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6

官民の声が繋いだ設立への道

市美術館30周年記念連載 歴史の証人【2】

官民の声が繋いだ設立への道 文化

11月25日号

災害対策のボラ講座

災害対策のボラ講座 社会

12月11日、18日(土)実施

11月25日号

こどもの未来のために

こどもの未来のために 教育

横浜幸銀がろう・盲学校に寄贈

11月25日号

「ZEH宿泊体験」いよいよ

「ZEH宿泊体験」いよいよ 社会

市内2社のモデルハウスで

11月25日号

市議会定例会12月17日まで

塗装で守る交通安全

塗装で守る交通安全 社会

相馬工業がボランティア

11月25日号

「やまと豚」の(株)フリーデン

7年連続三ツ星受賞。世界が認めたフリーデンの「やまと豚」を贈ろう

https://rarea.events/event/93239

1周年記念 特別大感謝セール

11月23日㈫~11月29日㈪まで全品10%オフ!

https://baniku.thebase.in/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook