神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
平塚版 公開:2023年3月9日 エリアトップへ

ベルマーレ新スタジアム 市長「民間主体で」強調 総合公園候補地には難色

社会

公開:2023年3月9日

  • X
  • LINE
  • hatena

 サッカーJ1・湘南ベルマーレの新スタジアム建設を求める民間の動きについて、落合克宏市長は「費用や財源など具体的な内容が不明確で、クリアすべき課題がある」との見解を示した。開会中の市議会3月定例会で、2日の代表質問に立った諸伏清児氏(清風クラブ)への答弁。

 落合市長は、昨年10月にクラブの眞壁潔会長から建設候補地が総合公園内の「はらっぱ」などであることを伝えられ、コンセプトなどの説明を受けたと明かした。市側は同年11月、費用や財源の根拠がないことなど諸課題をクラブ側に提起したというが、「その後の具体的な提案や正式な協議の申し入れはない」(市)と説明した。

 スタジアム建設をめぐっては、今年1月にクラブ側が候補地を市内外の3カ所に絞り、第一候補の平塚市から半年間の期限を設けて交渉を始めると発表。2月には平塚商工会議所などが中心となって協議会を発足し、落合市長と市議会に建設に向けた「決断」を求める署名を始めた。

 落合市長は「民間主導で建設に向けた動きが始まったことは理解している」と述べた一方、▽「はらっぱ」や駐車場を建設用地とすることには市民の理解が得られない▽レモンガススタジアムと隣接することになる▽公園内の建ぺい率を超過する――の3点を課題に挙げた。

 市はレモンガススタジアムの使用料減免やハード面の改修など、これまでの7年間で約14億円の支援を行ってきたという。落合市長は「本拠地として残ってもらうには平塚以外はありえないと思っている」とした上で、「いきなり(新スタジアムを)造るための支援を行うのではなく、ベルマーレが主体となって民間の力で進めてもらうのであれば大いに賛成」と語った。

協議会「改修よりも新設」

 J1クラブライセンス交付規則では、スタジアムの屋根は観客席の3分の1以上が覆われている必要があるが、レモンガススタジアムはメインスタジアムの一部が覆われているのみで、屋根のカバー率不足が指摘されている。

 協議会を構成する平塚商工会議所サッカースタジアム建設促進委員会の鈴木成一委員長は、「屋根の改修には100億円近い費用が掛かるだろう。スタジアムを新設すればTOTO(スポーツ振興くじ)の助成が得られ、改修よりも事業費を安く抑えられるという試算もある」とスタジアム建設の意義を強調。企業版ふるさと納税などで事業費を募りたいとした。

 鈴木委員長は候補地について、「はらっぱではなく、レモンガススタジアムの建て替えか第一三共(ケミカルファーマ平塚工場)跡地を考えている」と話し、市長選後の5月をめどに集まった署名を提出するという。

買い物ついでにぜひお立ち寄りください

記念硬貨・金貨・銀貨、古銭など高価査定中!

https://kaitorikinfuji.com/

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6

Jr大会の参加者募集

平塚市テニス協会

Jr大会の参加者募集

桃浜町で7月30日から

5月18日

匠建設が60万円寄付

匠建設が60万円寄付

能登半島地震支援で

5月17日

新カピバラ「ガンモ」公開

平塚市総合公園

新カピバラ「ガンモ」公開

カッピー「後任」新居で悠々

5月16日

登山家の父 生誕150年偲ぶ

中央図書館

登山家の父 生誕150年偲ぶ

岡野金次郎展 30日まで

5月16日

5月20日に臨時会

平塚市議会

5月20日に臨時会

補正予算など審議

5月16日

柴・丸山ペアが準V

柴・丸山ペアが準V

ビーチバレー平塚大会

5月16日

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook