神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

平塚工科野口さん 「溶接」で頂点目指す 関東甲信越大会に出場

教育

公開:2024年3月21日

  • X
  • LINE
  • hatena
県予選で溶接した鉄板を持つ野口さん
県予選で溶接した鉄板を持つ野口さん

 川崎市で4月27日に開かれる高校生溶接コンクールの関東甲信越大会に、平塚工科高校機械系2年の野口竜聖さん(17・八重咲町)が県代表として出場する。野口さんは「予選で感じた課題を克服して、少しでも上を目指したい」と、火花散る舞台に向けて練習に余念がない。

 県内の工業高校から14人が出場した1月の県予選で準優勝を果たし、関東甲信越大会の出場権を得た。予選では、縦横15センチ、厚さ9ミリの2枚の鉄板を30分以内に溶接し、外観や強度などで技術を審査。野口さんはⅩ線による溶接内部の透過試験で高評価を得たものの、「他の人に比べると表面の仕上がりがいまいちだった。中身で勝てても外観で負けてしまった」と振り返る。

 4月の大会まで1カ月あまりとなり、野口さんは放課後に3時間ほど溶接の練習を積む。「まだまだ日によって出来栄えにばらつきがあるので、ミスなく(溶接の)幅を揃えられるようにしたい」と弱点の克服に取り組む。

顧問の教え胸に

 手先が器用だという両親を見て育ったこともあり、自身もものづくりなどの分野に興味を持ち同校に進学。溶接が専門分野の水野寧々教諭が顧問を務める機械部に入部し、溶接の腕を磨いてきた。

 水野教諭は「自分なりに探求心を持ち、人一倍練習を重ねて努力している」と話し、野口さんの成長を間近で見守ってきた。「関東甲信越で優勝して全国に進んでもらえたら」と愛弟子の活躍を願う。

 3年生が卒業すると、部長として部活をまとめ上げる役割も担う野口さん。溶接技術を高めるだけでなく、下級生を引っ張っていくリーダーシップも求められるが、「『一人じゃなくみんなで動くことの大切さを学んでほしい』という先生の言葉を胸に頑張りたい」と決意をにじませている。

平塚・大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

80点の写真ずらり

80点の写真ずらり

平塚市美術館で30日から

7月20日

敗戦の翌日は一際元気に

SEISA OSA RHEA選手がいるまち

敗戦の翌日は一際元気に

(株)湘南マツダ勤務 高橋沙矢香さん

7月19日

自費出版無料相談会を開催

先着5人限定

自費出版無料相談会を開催

ベテランスタッフが応えます

7月19日

災害時の生活水に

平塚市

災害時の生活水に

東電グループ会社と協定

7月19日

中井でもチア楽しんで

中井でもチア楽しんで

成川さんが指導

7月19日

「ハレの日」レシピ募集

ラスカ平塚

「ハレの日」レシピ募集

8月8日応募締切り

7月19日

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

平塚・大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

平塚・大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook