ホーム > 小田原版 > ローカルニュース > 被災地に『暦』届けて

小田原

被災地に『暦』届けて

文化堂印刷が小田原LCにカレンダー託す
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
松下会長(右)に託された1000部のカレンダー
松下会長(右)に託された1000部のカレンダー

 東日本大震災の被災地を継続的に支援している小田原ライオンズクラブ(松下民雄会長)は21日、文化堂印刷株式会社(萩野健治社長)から約1000部のカレンダーを受け取った。市民や小田原報徳ライオンズクラブの協力で購入した支援物資とともに6月上旬までに被災地へ届ける。

 被災地では避難所や、建設が進む仮設住宅のカレンダーが不足しているという。今回、寄贈されるカレンダーは著名な写真家のものが主。同社の中村温取締役(写真左)は「殺風景な空間を写真で彩ることで復興の力になれれば嬉しい。お役に立てる機会をいただき、感謝します」と松下会長にカレンダーを託した。
 

関連記事

powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野