小田原版 掲載号:2012年2月18日号

小田原城三の丸

貴重な堀の遺跡発見

土地所有者は遺跡保護を訴える動きも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
数年後には報告書にまとめられる
数年後には報告書にまとめられる

 戦国時代の小田原城について、不明な部分を解明する手掛かりになる堀の遺跡が先月、市内栄町のマンション新築に伴う調査で発見された。小田原城三の丸北側虎口(城の出入り口)にあたる幸田口門の南側にあり、石垣を伴う江戸時代の堀(1号堀)と、戦国時代の障子堀(2号堀)が見られている。

 どちらの堀も城絵図に描かれていない堀で、どのように展開されているか明確ではない。1号堀は当時の城絵図と異なっていたと見られる。また2号堀は戦国時代の小田原城の縄張り(曲輪)の配置を解明する手掛かりになるという。

 1号堀は同地点の東側で過去に行われた発掘調査でも発見されており、データを総合すると堀の幅約20mの大きな堀と考えられる。構築時期は16世紀末から17世紀前半と推定される。

 2号堀には田の畦のように堀障子と呼ばれる施設が十字に設けられている。堀障子は1列に並ぶ形が主体だった。市文化財課によると、十字に設けられた障子堀は大変珍しく、小田原城八幡古郭西曲輪西堀に次いで2例目。年代は1570年から80年代の北条時代のものと推定される。どちらも今後も調査が続けられるという。

 土地の一部を所有する松山清和さんは、この遺跡を残そうと副市長に話を持ち掛けている。しかし市からの返答は無く、松山さんは現在別の形で遺跡を残せないか思案中だという。「現状保存や復元保存など色々提案した。多少なりとも便宜を図ってほしかった。観光客に、少しでも小田原に興味を持ってもらえたのではないか。観光開発に力添えできたのでは」と松山さんはコメントした。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新6件

自転車の秘めたる可能性

神輿宮入  トリは「西海子(さいかち)」

松原神社例大祭

神輿宮入 トリは「西海子(さいかち)」

4月23日号

神奈川の若手俳優が公演

ひとまずお別れ

二宮神社鳥居御用材

ひとまずお別れ

4月23日号

恐るべし、総構とブラタモリ

体験レポート【8】

恐るべし、総構とブラタモリ

4月23日号

リニューアルオープンまであと8日

平成の大改修 小田原城天守閣

リニューアルオープンまであと8日

4月23日号

マツダ小田原店

都市型SUVの、上質さと質感にこだわり抜いた特別仕様車「CX-5」デビュー

http://www.mazda-odawara.com/

<PR>

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク