小田原版 掲載号:2014年10月11日号
  • googleplus
  • LINE

新人戦で活躍 関東へ 城北工高 陸上部

スポーツ

 神奈川県高等学校新人陸上競技大会で9月28日、小田原城北工業高校陸上部の加藤裕也君がやり投げで優勝、矢後忠遵(ただちか)君(ともに機械科2年)が800mで5位に入賞した。

自己ベスト更新関東へ描く軌跡

 高校に入学して陸上を始めた加藤君=写真上。中学時代は野球部に所属し、肩の強さに自信があった。試合では1投目で55m59の自己ベストをマーク。「つまづいた感じがあったが、良い記録が出て安心した」と振り返る。その後記録の更新はならなかったが、逃げ切り、関東への切符を手にした。「再び自己ベストを更新したい。狙うはベスト8」と意気込む。

根性で入賞

 矢後君は「気負わず試合にのぞめた」と話す。試合は、出場していた他の選手らのベストタイムがかなり速かったため、前へ出て強気のレースを仕掛けた。レース終盤では抜きつ抜かれつのデッドヒートを制し、入賞した。鈴木充顧問も「根性で勝ち取った」と太鼓判を押す。負けん気が持ち味の矢後君は「専門の1500mで入賞、(800mでは)3位までに入りたかった」と悔しさを滲ませるも「自分には陸上しかない。関東では自己ベスト更新が目標」と闘志を燃やしている。
 

関東へ向け走り込む
関東へ向け走り込む

星槎国際小田原 4月1日開校

多様な選択肢を持つ、生徒が主役の高校 入学、転編入の個別相談も4月2日~

http://www.seisa.ed.jp/

<PR>

小田原版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

若手木工職人の作品展

若手木工職人の作品展

根付コンペも実施

3月25日~4月8日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月31日号

お問い合わせ

外部リンク