小田原版 掲載号:2014年11月8日号
  • googleplus
  • LINE

RUN伴+おだわら 「認知症」、ランでPR 10日〜12日市内で初開催

社会

走者が着用するTシャツ。背中には協賛企業の名前入り
走者が着用するTシャツ。背中には協賛企業の名前入り
 認知症の人が安心して暮らせるまちづくりを目指し、患者と応援者が行うランニングイベント・通称「RUN伴(とも)」が11月10日(月)から12日(水)まで、小田原市内で開催される。認知症への理解を求めるため、150人のランナーが市内を駆け抜ける。

 RUN伴は、2011年にNPO法人認知症フレンドシップクラブ(札幌・井手訓理事長)が立ち上げたイベント。認知症の人や家族、支援者が、1本の襷(たすき)を繋いで公道を走り、認知症への理解をPRする。今年7月から10月にかけて行われた「RUN伴2014」では、北海道―広島間約2500Kmで約4500人が参加、9月27日には小田原市内も通過した。走者の鮮やかなオレンジ色のTシャツが目印だ。

 「RUN伴+おだわら」は、昨年このイベントに初参加した、西湘ケアホームえん(市内飯泉)の川井悠司さんが発案。「同じ目的を持つ人たちが、共に汗を流しゴールする姿に感動し、ぜひ小田原で実行したいと思った。襷をつなぐだけでなく、認知症患者と地域、行政や、関連する人たちをつなぐきっかけになれたらと考えた」。川井さんは開催へ向けた動機を語る。市内18施設からなる「小田原市認知症高齢者グループホーム連絡会」を中心に、22の施設関係者が連携、11月11日の「介護の日」を挟む3日間での開催が実現した。市町村単位での開催は小田原が初めてだ。

 ランは10日午前10時、GH(グループホーム)みさき前川をスタート。1日約15Kmを、職員と入居者(走るのは一部)、支援者が市内の介護施設を中継点に襷を繋ぐ。伴走者は認知症に理解を求めるチラシを配る。最後の中継点、陽光の園(入生田)を経て12日の午後3時過ぎ、風祭の鈴廣かまぼこ駐車場でゴール予定。「ランを見かけたら、ぜひ声をかけてください」と川井さんは応援を呼びかけている。

 問合せは西湘ケアホームえん【電話】0465・46・0775。

暑中お見舞い申し上げます

NPO法人子どもと生活文化協会

8・19(日)映画「世界でいちばん美しい村」上映会@生涯学習センターけやき

http://www.clca.jp/

新名学園旭丘高等学校

地域立・市民立の私学 2019年度生徒募集…8/25(土)学校説明会 

http://www.niina-gakuen.jp/

mamashug

「100の言葉よりhug」をモットーにふれあいの輪を広げています。

http://www.mamashug.net/

住まいの事ならハマーホーム㈱

海・山・歴史 一緒に暮らそう小田原で!! 家づくりの夢をお聞かせください

http://www.hama-home-kanagawa.com/

税理士法人 押田会計事務所

企業の継続的な発展と、お客様一人ひとりの将来への安心をトータルにサポート

https://www.oshidakaikei-tms.or.jp/

地域密着の測量・設計 秋山設計

建築・開発設計・測量を一手に担う技術者集団です。土地家屋調査士事務所併設

http://www.akiyamasekkei.jp/

スーパー「小田原百貨店」

あたなの街のパントリー!良品廉価で食卓に安心安全を。最新チラシWEBで配信中

http://www.odawara100.com/

湘南ステーションビル株式会社

ラスカは県内で平塚・茅ヶ崎・小田原で営業しています

http://www.lusca.co.jp/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

<PR>

小田原版のトップニュース最新6件

搬送患者が急増

熱中症

搬送患者が急増

7月28日号

お堀に揺れる灯り

10年目のストライク

寄付額が県2位

ふるさと納税

寄付額が県2位

7月21日号

堅守巧打で県連覇

国立印刷局小田原

堅守巧打で県連覇

7月14日号

きょう海開き

御幸の浜江之浦

きょう海開き

7月14日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

猛暑で割引

猛暑で割引

小田原城

7月20日~8月31日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月28日号

お問い合わせ

外部リンク