体験レポート【10】 神輿で和を一緒に

掲載号:2016年10月8日号

  • LINE
  • hatena

 市内のイベントを記者目線で伝える体験レポート。今回は、かまぼこ通りで初めて開催された「おだわら宿場祭り」で神輿を担いだ。

 威勢の良い野次を飛ばす荒ぶる男たちに揉まれながら、担ぎ棒にしがみつきかまぼこ通りを駆け抜けた。何百kgもあるという神輿も、普段出すことのない大声を腹の底から張り上げていると、不思議とそんなに重く感じない。担ぎ手の一体感が何とも言えず楽しく、かいた汗も清々しい。

 担ぎ終わった後には互いに「お疲れさま」と笑いながら肩を叩きあい、帰着した公民館では、かまぼこ通り自慢の練り物や塩辛が、酒と一緒に振る舞われ宴の席へとなだれこんだ。

***

 神輿の動きは船や波を模しており、独特の担ぎ方をするのが小田原流。かまぼこ通りを含む旧町内と呼ばれる一帯が氏子の松原神社の例大祭は、元は漁師の祭りだ。

 担ぎ手の中には現役の漁師もいるが、職人やサラリーマン、自営業、学生などさまざま。年々減少していく担ぎ手を、外から募っている地域も少なくない。

 今回の祭りは、萬町(よろっちょう)と高梨町の2基の神輿に、万年地区を中心に有志が集まった。地域の小さな祭から大きな浜降祭でさえ、さまざま袢纏が確認できる。「神輿会」として、担ぎ手を互いに補充し合う付き合い方もあるようだ。

 2、30年前、祭といえば宮小路には出店が所狭しと立ち並び、宮入前の青物町通りは神輿の見物客でごったがえしたという。それも年々減少傾向にあり「神輿が格好良い、大きくなったら担ぎたい」と思うような子どもたちも減っているのでは、という人もいた。

 宴の席で、それぞれが「うちの神輿は…」と誇らしげに話していた。自身が属する自治会ではないが「自分の住む地域に神輿がなかったので、十数年担ぎ手として通っている」という人も同様だった。周囲も「地域の人」として受け入れ、分け隔てない。「昔からの仲間のように接してくれるのがうれしい。輪が広がったし、仕事に繋がったことも少なくない」と話していた。

 小田原では神輿を担ぐ機会も多い。担ぐことであたらしいネットワークも生まれる。街の歴史やディープな情報、裏事情などを知ることもできる。小田原に生まれた人もそうでない人も、歴史のある街に関わったことを幸運に思い、一度は体験しておくべきだと感じた。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム最新6

元教員が伝える至福の一杯

元教員が伝える至福の一杯

螢田駅すぐ『ひな珈琲』

6月1日号

時速70Kmの駆け引き

体験レポート【16】

時速70Kmの駆け引き 社会

7月1日号

検証・小田原の課題

連載【8】

検証・小田原の課題

小田原地下街

5月19日号

検証・小田原の課題

連載【7】

検証・小田原の課題

新市民ホール

4月28日号

検証・小田原の課題

連載【6】

検証・小田原の課題

お城通り地区再開発

4月21日号

検証・小田原の課題

連載【5】

検証・小田原の課題

地域医療

4月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク