日本最古の水道を知る 十字町ヒストリアで企画展

教育

掲載号:2016年11月5日号

  • LINE
  • hatena

 お城南通り商店会(金子不二夫会長)が運営している街中資料館・十字町ヒストリアで、小田原用水関連の企画展がはじまった。

 戦国時代、北条氏によって整備されたとされる日本最古の上水道「小田原用水」。現在でも板橋や南町周辺では開渠になっている部分が確認できる。企画展では、資料と現在の写真を落とし込んだ大きな地図を展示。周辺トピックと併せて紹介している=写真。

 また塔ノ沢から山間部を通して引かれた農業用水である「荻窪用水」、板橋町内を通った「山縣水道」などの関連資料も集め、市内での水の流れが一目で把握できるようになっている。同会では現在も資料収集を続けており、随時展示に追加していくという。

 会期は1月中旬まで。ヒストリアは毎週土・日の午前10時〜午後4時に開かれている。問合せは金子会長【携帯電話】090・3103・1305。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

まちかどにおひなさま

まちかどにおひなさま 文化

ピアノカフェ伊勢治に展示

2月27日号

ヴェネチアン・グラスが映す栄光ーペストを乗り越えた先にー

【Web限定記事】企画展

ヴェネチアン・グラスが映す栄光ーペストを乗り越えた先にー 文化

箱根ガラスの森美術館で4月18日まで

2月27日号

一般会計は87億円

湯河原町新年度予算案

一般会計は87億円 政治

前年度比で12億円減

2月27日号

バットマンを日本初 舞台化

バットマンを日本初 舞台化 文化

NINJA館で番組収録

2月27日号

子育てとSDGsを学ぶ

真鶴町道草書店

子育てとSDGsを学ぶ 社会

地域の母親らと企画

2月27日号

アロマを体験

アロマを体験 文化

たかすけ自動車で

2月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク