小田原版 掲載号:2016年11月5日号
  • googleplus
  • LINE

日本最古の水道を知る 十字町ヒストリアで企画展

教育

 お城南通り商店会(金子不二夫会長)が運営している街中資料館・十字町ヒストリアで、小田原用水関連の企画展がはじまった。

 戦国時代、北条氏によって整備されたとされる日本最古の上水道「小田原用水」。現在でも板橋や南町周辺では開渠になっている部分が確認できる。企画展では、資料と現在の写真を落とし込んだ大きな地図を展示。周辺トピックと併せて紹介している=写真。

 また塔ノ沢から山間部を通して引かれた農業用水である「荻窪用水」、板橋町内を通った「山縣水道」などの関連資料も集め、市内での水の流れが一目で把握できるようになっている。同会では現在も資料収集を続けており、随時展示に追加していくという。

 会期は1月中旬まで。ヒストリアは毎週土・日の午前10時〜午後4時に開かれている。問合せは金子会長【携帯電話】090・3103・1305。

小田原版のローカルニュース最新6件

星槎国際小田原 4月1日開校

多様な選択肢を持つ、生徒が主役の高校 入学、転編入の個別相談も4月2日~

http://www.seisa.ed.jp/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月7日号

お問い合わせ

外部リンク