体験レポート【16】 時速70Kmの駆け引き

社会

掲載号:2017年7月1日号

  • LINE
  • hatena
ドキドキの初予想。車券は機械で購入できる
ドキドキの初予想。車券は機械で購入できる

 市内のイベントに記者が参加し、魅力を伝える体験レポート。今回はスイーツを食べながら競輪のイロハを学べる「ケイリン女子会」に参加した。

 汚い・危険・ギャンブル…どこかダーティな雰囲気が漂う競輪。ケイリン女子会は、こうしたイメージを払拭し、新たなファン層拡大のために企画された。

 早めに到着したので、時間まで場内を散策する。藤棚など植栽も整備され「思ったよりキレイだな」。車券や丸められた競輪新聞が散乱していると思いきや、清掃員が小まめに巡回していた。奥にはスタジアムグルメならぬ場内グルメスポットも。モツ煮やおでん等少々親父くさいメニューが多いが、これも競輪場の醍醐味の一つというところか。

 6月24日午後1時、観覧棟一室に20代〜70代の女性12人が集まった。この日の案内役はガイダンスコーナーのアーネさん。戦後復興の事業として始まった歴史や五輪種目である事など概要説明の後、思いもよらぬ言葉が飛び出した。「競輪はチーム戦なんです!」

 バンク=コースを駆ける際、先頭は風の抵抗を大きく受けるため不利になる。そこで選手の所属地区などでチーム=ラインを形成。序盤はラインごとにポジションを奪い合い、ラスト1周半辺りから一気に個々の勝負となる。「番手」「捲(まく)り」…次々と専門用語が飛び出す中、出走表とにらめっこ。個の脚力がすべてと思っていたが、こんなに奥深いとは。「まさに駆け引きの世界です」。アーネさんの白熱した解説に、全員がスイーツを忘れ、夢中でペンを走らせていた。

 車券の買い方まで一通り学んだら、いざ場内へ。外に出ると、声援と野次が飛ぶ独特の雰囲気に包まれた。フェンス越しにバンクを見下ろすと、選手がすぐ下をもの凄いスピードで横切ってゆく。「風を切る音まで聞こえてきそう」。大迫力の約3分間は、あっという間に終わってしまった。

 「お気に入りのイケメン選手を見つけるだけでも面白くなります」というアーネさん流”女子的楽しみ方”には、ミーハー記者も大いに納得。時速70Kmで繰り広げられる駆け引きは、純粋にスポーツとして観戦するだけでも十分楽しめる。結局、人生で初めて買った車券はただの紙屑となったが、遠くに小田原城を眺める”おけら街道”を歩くのも、なんだか爽快だった。

※女子会は今後も開催予定。初心者講習もガイダンスコーナーで随時受付中
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム最新6

元教員が伝える至福の一杯

元教員が伝える至福の一杯

螢田駅すぐ『ひな珈琲』

6月1日号

神輿で和を一緒に

体験レポート【10】

神輿で和を一緒に

10月8日号

検証・小田原の課題

連載【8】

検証・小田原の課題

小田原地下街

5月19日号

検証・小田原の課題

連載【7】

検証・小田原の課題

新市民ホール

4月28日号

検証・小田原の課題

連載【6】

検証・小田原の課題

お城通り地区再開発

4月21日号

検証・小田原の課題

連載【5】

検証・小田原の課題

地域医療

4月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク