小田原版 掲載号:2018年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

マンホールカード 観光活性化に新たな一手 4月28日から配布開始

経済

小田原市マンホールカード。表面(左)には写真と設置位置情報が、裏面にはデザインの由来などが記載されている
小田原市マンホールカード。表面(左)には写真と設置位置情報が、裏面にはデザインの由来などが記載されている
 小田原市のカラーデザインマンホール蓋が、「下水道広報プラットホーム(GKP)」(事務局・東京都)が企画する「マンホールカード」に採用され、4月28日(土)から配布される。

 マンホールカードとは、下水道事業への理解を広めることを目的に、GKPが2016年4月に開始した全国統一企画。ご当地の特色などをモチーフにしたデザインは多彩で、コレクターも多い。今年4月17日現在、全国301自治体の蓋が採用、神奈川県内では横浜市、川崎市などのマンホールカードが発行されている。また、平塚市、大井町、愛川町でも、28日から新たに配布される。

 『酒匂川』と題した小田原市のカラーデザインマンホール蓋には川や城、箱根連山、富士山などが描かれている。市下水道整備課の西尾優貴さんは「さまざまな魅力が盛り込まれた小田原市のデザインは全国的にも珍しく、面白いのでは」と話している。

かまぼこ通りに3都市のデザイン

 小田原市は昨年11月、姉妹都市の東京都八王子市と埼玉県寄居町と下水道マンホール蓋を交換。観光客の回遊性を高めるために3月6日、国道1号線海側の小田原かまぼこ通りに3都市のカラーデザインマンホール蓋を設置した。他都市のマンホール蓋も一緒に設置されるのは全国初。設置都市でしか手に入らないカードがコレクションとしても注目されていることから、西尾さんは「蓋やカードと一緒に、かまぼこ通りの街並みを楽しんでもらえたら」と観光活性化に期待を寄せる。

 マンホールカードは本町のなりわい交流館で配布。4月28日(土)から30日(月)は午後1時〜4時、5月1日(火)以降は午前10時〜午後5時。8千枚を配布次第終了となる。

八王子市(左)と寄居町のカラーデザインマンホール
八王子市(左)と寄居町のカラーデザインマンホール

2018年8月21日分譲開始!

富士山と相模湾が一望できる、小学校至極全28区画

http://www.town.yamakita.kanagawa.jp/

<PR>

小田原版のトップニュース最新6件

相洋高校が日本一

インターハイ女子4×400mリレー

相洋高校が日本一

8月18日号

愛称決まり復旧に励み

小田原漁港交流促進施設

愛称決まり復旧に励み

8月18日号

消防力増強へ

成田出張所岡本出張所

消防力増強へ

8月11日号

中学生が全国の舞台へ

沿岸部中心に被害

台風12号

沿岸部中心に被害

8月4日号

佐々木氏が出馬の意向

次期県議選

佐々木氏が出馬の意向

8月4日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

8月24日「小田原場所」

夏休みの最高の思い出に

8月24日「小田原場所」

8月24日~8月24日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月18日号

お問い合わせ

外部リンク