186チームの熱戦 閉幕告げる 西湘高野球部高木さんがアナウンス

経済

掲載号:2018年7月28日号

  • LINE
  • hatena
明るい笑顔で部員を癒す高木さん
明るい笑顔で部員を癒す高木さん

 きょう7月28日、決勝戦と閉会式が行われる第100回全国高校野球選手権記念南北神奈川大会。最後の一声まで球児の夏を支える人がいる。西湘高校野球部のマネージャー高木愛未さん(3年)が、閉会式のアナウンス役に大抜擢。南大会の優勝校を読み上げる大仕事を託された。

 「声が枯れちゃって」。日に焼けた頬に赤みが残る7月下旬、2回戦で迎えた横浜創学館を攻め続ける部員に、ベンチから声を張り上げた。2―4で惜敗。「でも、負けたのに不思議と悔しくないんです。やりきった姿を見られたから」。温かい眼差しで球児を支えた3年間。記念すべき100回大会で閉会式のアナウンスという大抜擢に「頭が真っ白」とはにかんだ。

 野球部マネージャーの大切な仕事の一つが試合でのアナウンス。開始を告げ、選手を呼び、勝者を称える。急な変更やアクシデントにも対応する適応力。試合運営を支える重要な役割だ。高木さんは小田原球場で行われる試合の運営に携わり、アナウンスを行ってきた。今回の抜擢は、そうした活動を知る各校の監督らによる推薦。「日々の努力の賜物」と同校の荻野浩司監督も評価する。

 富水小ではバレーボール、泉中でソフトテニスに熱中し、関東大会にも出場したスポーツ少女。野球好きは兄の影響で、中学の頃からマネージャーに憧れていた。チーフマネージャーとしてノックのボール渡しなどさまざまな仕事をこなした。

 選手からは「明るくて頑張り屋」と信頼も厚い。時にはぶつかりながら、懸命に選手のためだけを考える日々。慣れない横浜スタジアムでのアナウンスは、「反響が違うから普段と同じではダメ」と焦りもある。さらにテレビの撮影もあるため、冒頭は原稿を暗記しなければいけない。「すべてがプレッシャー」と話す。「感謝の気持ちを込めて最後まで立派にアナウンスを務めたい」と大舞台に立つ。

 (7月24日起稿)

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メンマで「竹害」改善へ

メンマで「竹害」改善へ 社会

製品化に向けチーム結束

10月16日号

野外でチョークアート

野外でチョークアート 文化

ダイナシティで

10月16日号

俳句に挑戦しよう

俳句に挑戦しよう 文化

11月30日まで作品募集

10月16日号

鉄道と人の絆など紹介

鉄道と人の絆など紹介 文化

24日(日)まで資料展

10月16日号

ハルネでテープアート

ハルネでテープアート 文化

参加者を募集中

10月16日号

塔之沢発電所が土木遺産に

塔之沢発電所が土木遺産に 文化

稼働中では県内最古

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook