小田原版 掲載号:2018年9月15日号
  • googleplus
  • LINE

「山道最速王」は誰だ 早川から標高千mへ

スポーツ

スタート1Km付近 ザーと響く無数の足音
スタート1Km付近 ザーと響く無数の足音
 第2回「山道最速王決定戦」が9月8日にアネスト岩田ターンパイクで開催され、約千人のランナーが早川料金所から大観山(標高1011m)を目指した。約13Kmのコースはカーブを何度曲がってもその先は登り坂。参加者からは「やばい」「きつい」の声がもれた。早川は晴天だったものの、雲の中に入るにつれて雨風がランナーの体温を奪い、ゴールは濃霧となった。2代目最速王は武田一哉さん(福島県)の57分47秒で、先代王の記録(57分1秒)に迫った。

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月22日号

お問い合わせ

外部リンク