小田原版 掲載号:2018年9月22日号
  • LINE
  • はてぶ

巧みな筆先ポスターに 小田原高 清水悠君

スポーツ

清水君(右)と第12回小田原映画祭ポスター
清水君(右)と第12回小田原映画祭ポスター
 9月16日に閉幕したが、オープニング上映作品『アダン』の再上映が10月7日(日)に決定した第12回小田原映画祭。そのポスターを描いたのは、小田原高校美術部の清水悠(はるか)君(1年)だ。

 学校に毎年オファーが来る映画祭ポスター募集を知り、入学後初めて応募した選考だった。「小田原」と「映画」の要素を入れ込もうと、城を背景に映写機のリールを月に見立て、手前には北条氏の家紋・三つ鱗をあしらった江戸時代の衣服を着た猫が竹笠に手を掛ける。よくみると、腰にはメガホンとカチンコも携えられている。作品の左右にはフィルム特有の穴・パーフォレーションを入れ、水彩絵の具などで着彩し、全体をポジフィルムのように仕上げた。

 使用したのは筆ペン。「下書きはさっとして主に描きながら調整しました」という清水君。細い筆先を巧みに操り、猫の細かい毛並みや陰影、筆ペン独特のかすれ効果も利用して味わいを与えた。「選ばれてうれしかった。筆ペンはイラストレーターの新川洋司さんに憧れて始めた。今回選んでもらって自信になりました」と話した。

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

体験しながら健康を知る

体験しながら健康を知る

28日 国際医福大で公開講座

10月28日~10月28日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク