モデル3 二世帯は「安心」の一言

文化

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena
6年前に新築
6年前に新築

 香川幸一さん(71)と息子の聖幸さん(41)の家族6人は、曽我岸に建てた二世帯住宅で共に暮らしている。

 幸一さんは妻と二人三脚で自宅の敷地内で先代から受け継いだ60年以上続く鉄工業を営む。聖幸さんは県内でコンピューター関係の企業で働くサラリーマンだ。

 二世帯で暮らすことを決めたのは「孫が小学校にあがるタイミングがきっかけだった」と幸一さん。6年前に玄関のみを共有し、LDKやバスルームをそれぞれの生活空間に配置するタイプの二世帯住宅に建て替えた。

 幸一さんは「(息子夫婦の)気持ちがとにかくうれしかった。まさに安心の一言に尽きるよ」と満足気だ。聖幸さんも「私たちが急な用事で外出が必要になったときに子どもの面倒を見てもらえるし、台風や地震など自然災害の発生時に両親の安否確認がすぐにできる」とその利点を語る。

 二世帯で円満に暮らしていける秘訣は「お互いの家族間で干渉しあわないことが一番」なんだとか。クリスマスや正月には一階の和室で家族全員が揃い、パーティーや団らんをすることがみんなの楽しみの一つだ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

豊かな香りと色を堪能

豊かな香りと色を堪能 文化

フラワーガーデンで秋バラ

10月23日号

悔しさ少し、全日本準優勝

安藤雄哉・高橋光ペア

悔しさ少し、全日本準優勝 スポーツ

ジュニアテニス選手権

10月23日号

ケーキショーで銀賞

ケーキショーで銀賞 文化

樫の樹の桐村美咲さん

10月23日号

夢を乗せた風船飛来

夢を乗せた風船飛来 文化

三重県の幼稚園から

10月23日号

ユニークタオル東京で展示

南足柄出身瀧澤さんら

ユニークタオル東京で展示 文化

丸めてちょんまげに

10月23日号

27日から文芸展

27日から文芸展 文化

三の丸ホールで

10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook