福田投手、地元で活躍誓う 出身チームでプロ入り報告

スポーツ

掲載号:2019年1月12日号

  • LINE
  • hatena
ボールを手に笑顔を見せる福田投手
ボールを手に笑顔を見せる福田投手

 北海道日本ハムファイターズにドラフト7巡目で入団した福田俊(すぐる)投手(泉中学校出身・22)が12月29日、古巣の小田原ボーイズを訪問し、チーム関係者と選手たちにプロ入りを報告した。

 「久しぶりに訪れた」という市内穴部のグラウンドで、「小学校はベアーズ、中学校ではボーイズに所属してみんなと同じようにこのグラウンドで練習してきました。プロ野球選手になりたいと思って練習していけば、自ずと結果は付いてくるので頑張ってください」と挨拶。集まった選手、チーム関係者から拍手で迎えられ、サプライズで花束が贈られると笑みがこぼれた。

 雲一つない快晴の中、即席のサイン会や写真撮影などを終え、グラブを手にすると、当時を懐かしみながらキャッチボールを開始。肩が温まると最後は渾身のストレートを投げ込み、締め括った。食い入るように見つめていた選手たちからは「かっこいい」「ボールが速い」と歓声が上がった。

 「(プロでは)やってみないとわからないが息の長い選手になりたい」。昨年、ドラフト指名を受けた日に入団を決意した福田投手は、この日改めてその言葉を口にした。埼玉西武ライオンズの好打者で横浜創学館高の先輩である秋山翔吾選手との対戦を熱望する左腕は背番号も40に決定。「活躍して少しでも良い番号になるように」と新たな世界での挑戦に思いを込めた。

子どもたちとの記念撮影でも笑顔を浮かべた
子どもたちとの記念撮影でも笑顔を浮かべた

ラスカ茅ヶ崎・平塚・小田原

11月26日(木)から29日(日)はJREポイント5倍キャンペーンを実施!

http://www.lusca.co.jp/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

豪州ラグビー 動画で応援

小田原市

豪州ラグビー 動画で応援 スポーツ

五輪事前キャンプに向け

11月21日号

魅せられて、一本道

これからも変わらず地道に

令和2年度神奈川の名工

親睦深めゴミ拾い

SDGsで県と連携

SDGsで県と連携 社会

 パートナーに新たに70者

11月21日号

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク