小田原出身 門松由樹さんが歌手デビュー

文化

掲載号:2019年2月23日号

  • LINE
  • hatena
新人演歌歌手の門松さん=日本コロムビア提供
新人演歌歌手の門松さん=日本コロムビア提供

 小田原市飯泉出身の門松由樹さん(25)が「門松みゆき」として2月27日(水) 、日本コロムビアから新人演歌歌手としてデビューする。同日発売のCDには、デビュー曲の「みちのく望郷歌」と共に、カップリング曲「濡れてめぐり雨」の2曲が収録されている。

 門松さんは高校まで地元の学校で学んだ、小田原っ子。両親の影響で2歳の時に演歌に目覚め、小学生のころから歌手の道を目指してきた。北島三郎さんと細川たかしさんを尊敬し、16歳から作曲家の藤竜之介氏に師事。演歌・歌謡曲からポップスまで幅広くレッスンを受け、大手通信カラオケの楽曲でガイドボーカルを150曲以上担当している。

 また、中学、高校では吹奏楽部に所属。楽器演奏の他にダンスも得意など、多彩な才能をもつ。

 「伸びやかで、天に抜けるような力強い歌声」と評価される門松さんは、美空ひばりさんや島倉千代子さんを輩出してきた日本コロムビアが送り出す「平成最後のニューフェイス」として注目されている。デビューCDの初回限定盤(税別1481円)は、ミュージックビデオのほかにオフショットも盛り込まれ、門松さんの素顔の魅力にもふれられる。

ダイナシティで3月2日ステージ

 門松さんは3月2日(土)、中里のダイナシティウエスト1階キャニオンで歌声を披露する。午後1時からと3時からの2回、それぞれのステージ終了後には握手会とCD販売会も行われる。入場無料。デビューを目前に門松さんは、「小さい頃から小田原の空気と演歌で育ってきました。たくさんの人に元気や勇気を与えられるように頑張っていきたいです」と話している。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メンマで「竹害」改善へ

メンマで「竹害」改善へ 社会

製品化に向けチーム結束

10月16日号

野外でチョークアート

野外でチョークアート 文化

ダイナシティで

10月16日号

俳句に挑戦しよう

俳句に挑戦しよう 文化

11月30日まで作品募集

10月16日号

鉄道と人の絆など紹介

鉄道と人の絆など紹介 文化

24日(日)まで資料展

10月16日号

ハルネでテープアート

ハルネでテープアート 文化

参加者を募集中

10月16日号

塔之沢発電所が土木遺産に

塔之沢発電所が土木遺産に 文化

稼働中では県内最古

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook