小田原市議選 小谷氏がトップ当選 投票率は前回より微増

政治

掲載号:2019年4月27日号

  • LINE
  • hatena
支援者らと万歳をする小谷氏(中央)
支援者らと万歳をする小谷氏(中央)

 小田原市議会議員選挙が4月21日に行われた。投票率は42・13%で過去最低だった4年前の41・91%を0・22ポイント上回った。

 今回から1議席減の定数27に対し、現職19人、元職1人、新人17人の合計37人が議席を争う中、開票開始から2時間半後の午後11時半には、ほぼ大勢が判明した。最多得票は、3273票を獲得した新人の小谷英次郎氏(38)。小田原高校の元教師で、教育改革、子育て世代の支援など、若年層への政策を中心に訴えてきた。市選挙管理委員会によると、新人のトップ当選は2012年5月の補欠選挙を除き、記録がある1987年からは初めて。小谷氏は「市民の皆様からいただいた期待に必ず成果として報告できるよう、まい進してまいります。特に社会的に弱い人、小田原で暮らし辛さを感じている人のそばに立って、政治を行っていきたい」と抱負を語った。

新しい議会の顔ぶれ揃う若手候補者が躍進

 当選者の内訳は現職16人、元職1人、新人10人。最多当選回数は加藤仁司氏(57)の7回で、最年長は木村正彦氏の72歳、最年少は新人の岩田泰明氏の37歳となった。

 小谷氏に続き、2位で当選したのは現職で前回トップ当選の楊隆子氏。「脳血管障害や産前産後のケア、待機児童の解消や子どもの教育環境を整えていきたい」と3期目へ思いを述べた。楊氏を含め、女性候補者は全員が当選。女性議員は改選前から1増の6人となる。

 また、小谷氏や岩田氏、宮原元紀氏(39)、池田彩乃氏(41)ら30・40代の若手新人候補者が躍進。当選者の平均年齢は56・18歳で、4年前より1・49歳若返った。

女性候補トップの楊氏(中央)
女性候補トップの楊氏(中央)

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

ひとり親家庭でニーズ増

フードバンク

ひとり親家庭でニーズ増 社会

県西での食品支援のいま

2月27日号

利活用事業者が再決定

小田原市豊島邸

利活用事業者が再決定 社会

企業向けテレワーク施設を計画

2月27日号

「食」テーマに活用を検討

小田原市清閑亭

「食」テーマに活用を検討 文化

民間事業者への貸付模索

2月20日号

3月16日に開通予定

栄町小八幡線

3月16日に開通予定 社会

迂回、大幅に短縮へ

2月20日号

事業者に独自支援金交付へ

小田原市

事業者に独自支援金交付へ 経済

国、県事業の対象外想定

2月13日号

市民意見受け計画修正

国府津駅周辺整備事業

市民意見受け計画修正 経済

ロータリー拡幅など反映

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク