旭丘高校 一騎打ち制す 走高跳の谷本健瑠さん

スポーツ

掲載号:2019年7月20日号

  • LINE
  • hatena

 上位6人がIHの切符を掴む男子走高跳で谷本健瑠さん(3年=写真)がジャンプオフ(同じ記録同士で追加試技を行う順位決定戦)を制し、最後の一枠に滑り込んだ。

   *   *

 足を痛めていた影響からか、ジャンプオフ直前に弱音を吐くと、宮川雅道顧問からは「だったら棄権を伝えてこい」と返された。「記録じゃない、3年間やってきたベストな跳躍を見せることだけだぞ」。続いた言葉を自分に言い聞かせた。「跳べば勝ち。自分を信じて」 

 向かうバーの高さは1m98。それはこれまで越えた事のない未知の領域だ。だが相手の失敗を目の前にしても、頭の中は理想の踏切を思い描くだけで、冷静だった。腱の強さを活かしたバネのある跳躍で身体は宙へ。土壇場での1発クリアに、思わず拳をつきあげた。県予選に続く2度目のジャンプオフを終え「追い込まれた方が力が出せるみたい」と笑った。

 2年生で自己ベストを出して以降伸び悩みの時期があった。跳べていた高さすら越えられず「悩んで逃げちゃダメと気づき、開き直った」。これまで以上に周囲のアドバイスに耳を傾け、練習で反復しては自分の跳躍を形づくってきた。

 「まだ全国で通用するような記録じゃない。2mを越え、決勝に残りたい」。理想とする形をようやく掴めた高校最後の夏。控えめに、だが自信を持って、大舞台に挑む。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メダカの里親募集

メダカの里親募集 文化

27日 締め切り

5月21日号

小学生が茶摘み体験

小学生が茶摘み体験 教育

湯河原町の3校140人

5月21日号

8年ぶり県制覇で関東へ

旭丘高相撲部

8年ぶり県制覇で関東へ スポーツ

個人戦は3階級で優勝

5月21日号

時計の下に集合

時計の下に集合 経済

松風LCが35周年で寄贈

5月21日号

みんなでドンドコ祭り

みんなでドンドコ祭り 社会

5月29日 ブレンドパークで

5月21日号

県銘菓を一挙公開

県銘菓を一挙公開 文化

レアリア内特設ページで

5月21日号

あっとほーむデスク

  • 5月21日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook