箱根町 金栗四三を縁に協定 熊本県の2市町と

スポーツ

掲載号:2019年8月31日号

  • LINE
  • hatena
調印式に臨む勝俣浩行箱根町副町長(中央)=箱根町提供
調印式に臨む勝俣浩行箱根町副町長(中央)=箱根町提供

 箱根町は8月20日、熊本県にある玉名市、和水町の両市町と包括連携協定を締結した。3市町にゆかりのある金栗四三を縁としたもので、相互発展を目的にあらゆる分野で協力関係を構築していく方針だ。

 金栗四三は、1912年に日本人で初めてオリンピックに出場した人物。その後もマラソン界の発展に尽くし、選手育成の一環で20年には箱根駅伝を創設した。現在放送中のNHK大河ドラマ『いだてん』では、主人公としても脚光を浴びている。

 今年1月の放送開始を控えた昨秋、金栗の出身地である玉名市と和水町の職員が箱根町を訪問。往路ゴール地点でドラマや自治体をPRする要請が目的だったが、これを機に金栗を縁とする3市町の連携に話が発展し、協定締結に向けて調整が進められてきた。

遠距離のメリット

 先方の希望により、金栗の誕生日である8月20日、その生家を改修した記念館(和水町)で執り行われた調印式。協定締結について箱根町は、「それぞれ規模は小さい自治体だが、協力しあうことで個々の力が上回り、発展につながれば」と期待する。具体的な取り組みは未定の部分も多いが、観光やスポーツ等で友好を深めるほか、防災面でも協力体制を構築する。

 両市町との距離はおよそ800Km。これまでに北海道洞爺湖町と姉妹都市提携を結んでいるが、遠方の自治体との連携は町にとって珍しい。だが、「距離的に考えると自然災害の被害を同時に受ける可能性は低く、有事の際はお互いに力になれるのでは」と遠距離ゆえのメリットを話した。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

守屋氏が接戦制す

小田原市長選

守屋氏が接戦制す 政治

544票差で加藤氏及ばず

5月23日号

豊漁の季節間近に

小田原産シラス

豊漁の季節間近に 経済

市内唯一の漁船が奮闘中

5月23日号

例年の1割以下

箱根町GW観光客

例年の1割以下 経済

ホテル、観光施設など休業

5月16日号

ドライブスルーで「魚食」

港周辺飲食店

ドライブスルーで「魚食」 経済

新需要掘り起こしに一策

5月16日号

真鶴町から1事業者登録

神奈川SDGsパートナー

真鶴町から1事業者登録 社会

県、第3期登録者を発表

5月9日号

Webで交流、子どもたち

湯河原町

Webで交流、子どもたち 教育

(一社)ユガラボがネットで展開

5月9日号

(株)三和消毒

巷が緊急事態宣言発令中でもシロアリはやってくる

http://www.sanwa-tpc.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク